言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2010/08

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2010年08月31日(Tue)▲ページの先頭へ
<楽し>
・何にもないから、あなたは生きるのが楽しいんだ。
・楽しけりゃ、いつでもここにおいでよ、あんた。
・楽しくない人生なんて、君には必要ないのさ。
・ときには楽しませてくれよと、貴方はいってはみた。
・楽して生きられないなら、あんたは楽園探しにでも行くつもり?

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月30日(Mon)▲ページの先頭へ
<最初・最後>
・あなたの喜びは最初の3日間で消え、
 あなたの悲しみは最後の7日間で消える。
・最初はグー、の根も出なかった貴方。
 最後はパー、と開き直っていた貴方。
・最初のコトバであなたと出逢い、
 最後のコトバであなたにさよなら。
・最初と最後はいつも君にもっていかれるんだよな〜。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月29日(Sun)▲ページの先頭へ
<擬態語>
・ある日のあなたは、
 ゴロゴロ、ボサボサ、うだうだ、
 もたもた、もそもそ、ノロノロ、
 ノタノタ、トロトロ、ノソノソ、etc.

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月27日(Fri)▲ページの先頭へ
<裸>
・あなたが裸の心に戻れば・・・。
・貴方は裸なのに、何故裸の心は隠すの?
・裸の君は実に素晴らしい。
・貴方が裸眼で視ていた世界。
・君は裸のままで来ればいいんだ。
・裸足で○へかけていった貴方。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月26日(Thu)▲ページの先頭へ
<木>
・人に言えない貴方の苦労の木は、いつか○の実を結ぶ。
・木が生きるように、貴方も生きられる。
・その木に登れば、君もその気になれる。
・あなたはその心に海をもち、
     その心の底に故郷があり、
     その心の中に木々が芽吹き、
     その心の原っぱに花々が咲き誇る。
・あなたの木にはあなたの実がなるでしょう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月25日(Wed)▲ページの先頭へ
<疑問符>
・ほんとに、ほんとうに、ほーんとうに、あなたなの?
・君は今何処に?
・あなたは何故あなたなの?
・?は貴方の顔に書いてある。
・「XXX?」と聞かれて君は咄嗟に「?!」を返す。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月22日(Sun)▲ページの先頭へ
<志>
・千の風に乗って飛翔する君の志。
・君は志をもって見えない敵に立ち向かっていった。
・まさにあなたは遺志を受け継いだ人です。
・お金がなくたって貴方には志がある。
・貧困に打ち克つ、意志の強さに貴方は何を思うだろうか?
・あなたから志が抜けたら、せみの抜け殻と同じ。
・見えざる猫の手によって、貴方の意志は左右されるのか?
・あんたは金納党の志士。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月21日(Sat)▲ページの先頭へ
<ばか>
・目を閉じて思い出すのは貴方のことばかり。
・かめばかむほど、あなたの力となる。
・はかばかしくないときの君は・・・。
・君のコトバ数が少ない。
・バカだけは貴方に真実を告げる。
・あなたも時には馬鹿になれる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月19日(Thu)▲ページの先頭へ
<絵>
・無心で描けば、その中に貴方の○が見つかる。
・美しい絵のような光景が貴方を前に歩ませる。
・あなたの心の風景を絵に描いて見せて下さい。
・セピア色の絵の具で画いたような君の自画像。
・切り絵から飛び出した、貴方の○○。
・あなたはこの世界につつましい絵を描く。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月18日(Wed)▲ページの先頭へ
<YOU AND I>
・貴方の中に棲む私と、私の中に棲む貴方。
 貴方の知らない私と、私の知らない貴方。
・貴方が私を好きなのと同じくらい、私は貴方が好きだ。
 私が貴方を好きなのと同じくらい、貴方は私が好きだ(ろうか?)
・貴方が忘れたくない私と、私が忘れたくない貴方。
 貴方が忘れてしまった私と、私が忘れてしまった貴方。
・答えを求める貴方が、答えを持たない私を探している。
 答えを待ってる私が、答えを持ってる貴方を探している。
・貴方は私を幸せにするといい、私は貴方といれば幸せといった。
 貴方は私が幸せでないといい、私は貴方なしでも幸せといった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月11日(Wed)▲ページの先頭へ
<ECO>
・地球を浄化することは、貴方自身の蘇りの過程。
・君は何も考えずに、ただ○○を考えることができる。
・未知の世界に行けば、それは貴方に語りかける。
・君もたまには銭湯にいこうや。
・自然はあなた方をECOひいきしない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月10日(Tue)▲ページの先頭へ
<対偶命題>
・ほんとうの心を知ったならば、それはもう貴方の中で動き始めている。
 ほんとうの心が貴方の中で動き始めていないのなら、貴方はそれを知らない。
・貴方がシンデレラならば、私はすでに死んでいる。
 私がすでに死んでいないのなら、貴方はシンデレラではない。
・もし、君が幸せでありたいのなら、数多くの苦悩を学ぶことだ。
 君が数多くの苦悩を学ばないのなら、君は幸せでありたくはないのだ。
・運命に身を任せるならば、貴方はその運命を実現し始める。
 貴方がその運命を実現し始めないのなら、運命に身を任せてはいない。
・君が絶望し切った後ならば、その先に光を見出すことができる。
 君がその先に光を見出すことができないのなら、絶望し切ってはいない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月08日(Sun)▲ページの先頭へ
<占い>
・あなたは思いがけない場所で、思いがけない人に出会うか、
 または、知っている場所で、知っている人に出会うか、
 または、知らない場所で、知らない人に出会う。
・君は人生の片道切符を持ってるだけなのに、もとに戻ってこれると思っている。
・貴方のその喜びのためには数知れぬ悲しみがあり、貴方はその渦の中を泳ぎ回っているのです。
・君の近道は、大抵の場合、悪路である。
・占いの的中率は、あなたが決めているだけ。
・この占いはあなたに売らないと他には売れない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月07日(Sat)▲ページの先頭へ
<感嘆符>

・あ!な!た!
・あーた!
・お前さん!
・あんたーっ!
・きみー!
・HEY,YOU!

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月06日(Fri)▲ページの先頭へ
<爆>
・君は常に爆心地にいることに気付く。
・あなたの中に隠し持っている爆弾を落とさないで。
・爆笑すれば、貴方の心もほぐれる。
・あなたの中で何かが爆発するとき。
・君が爆音を轟かせていた遠い時代。
・原爆は貴方の心の奥底に潜む○○の象徴。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月04日(Wed)▲ページの先頭へ
<蝉>
・あなたはセミのように、地中暮らしの中で短かくも躍動する季節を待ち望んでいる。
・みーんみんみんみー、つくつくぼーしつくつくぼーし、かなかなかなかな・・・。
 この国には鳴く木があるのか、といった人を貴方は知らない。
・暑苦しい蝉の声を貴方は聞きながらただ汗を流す。
・「アリとキリギリス」の原作は「アリとセミ」だったらしいと言っては、アリのように働く貴方。
・ただ生を謳歌する蝉に聞いたら、貴方に何を教えてくれる?
・都会の蝉は夜も鳴いている。いつ寝るのだろうかと貴方は思うかも知れない。
・あなたから○が抜けたら、せみの抜け殻と同じ。
・君も蝉のように鳴けば、誰かが気付いてくれるかも。
・ヒグラシの声に夏の終わりを感じる、その日暮しの貴方かな。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年08月01日(Sun)▲ページの先頭へ
<花火>
・あなたへの思いを花火のメッセージにして届けたい。
・鼠花火に飛び退いてはしゃいでた君。
・あなたも線香花火に儚さを感じるだろうか?
・花火大会が終わって、君も真っ暗闇の行列に飲み込まれていった。
・貴方の○○は夏の夜の花火のように鮮やかに覚えている。
・火遊びをすると、おねしょするよと脅された貴方。
・蒸し暑さから、ひと時あなたを解放してくる光と音の祭典。戦没者への献花。
・遠くから貴方の耳に届くだけの花火。
・川面に映るナイヤガラの光が貴方の瞳の中で揺れていた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年8月
       

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (169)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (18)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (22)
2011年 (247)
1月 (26)
2月 (14)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (22)
9月 (18)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (20)
2012年 (259)
1月 (28)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (22)
12月 (21)
2013年 (281)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (23)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (24)
11月 (28)
12月 (26)
2014年 (285)
1月 (23)
2月 (25)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (25)
10月 (25)
11月 (24)
12月 (26)
2015年 (259)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (23)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (21)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (295)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (19)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (227)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (15)

アクセスカウンタ
今日:3,456
昨日:3,432
累計:2,842,803