言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2011/08

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2011年08月31日(Wed)▲ページの先頭へ
<1足の古い靴>

・A:「これは、僕の好きな作品の1つだ。」
 B:「履き古した感じがいいね。」
 A:「作者は、これを蚤の市で買ってきて、雨の日に履いて歩き回り、泥まみれにしてから忠実に描いたんだって。キミ、知ってた?」
 B:「そうだとすると、傍目にはかなり異様な行動と言える。」
 A:「当時の犬だって、そんなボロ靴には興味をもたなかったと思うよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月30日(Tue)▲ページの先頭へ
<節電>

・A:「僕はなるべくTVを見ないでラジオを聴くようココロがけてるけど、
    キミは何かやってることある?」
 B:「わたしの特技は読唇術だから、TVの音を消しても話している内容は分かるの。    ときどきはTVの画像を消して音だけ聞く事もある。あなたはどう?」
 C:「ぼくの場合、深夜零時を過ぎるとTVの画像も音も消してしまうんだ。
    そして画面をじっと見ていると、何かが蠢いているのが分かる。」
 A:「それってかなり危ないね。」
 B:「でも、エアコンを使わないで熱帯夜をのりきる究極の節電法といえるかも。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月29日(Mon)▲ページの先頭へ
<無駄>

・浪費癖を捨てることは、あなたが無駄な体重を減らすのと同じである。
・あなたのムダを、最大の贅沢と呼ぶ。
・貴方にしみついたムダが、貴方そのものを表している。
・無駄のない暮らしにキミは本当に耐えられるであろうか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月27日(Sat)▲ページの先頭へ
<不変>

・貴方の頭の中だけにあって変らないもの
・不変とは、他人からみた貴方の評価のようなもの。
・変わらないのは、記憶の中だけにある、あなたの初恋の人の笑顔だけかも。
・キミは変なおじさんを知ってるが、
   不変なおじさんは知ってるのだろうか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月26日(Fri)▲ページの先頭へ
<挫折>
・あなたの挫折は、来るべき成功の一部として組み込まれている。
・生きるのに必要な挫折を知っている貴方だから。
・ひとつひとつの悲しみを経て、あなたはいくつもの挫折から抜け出してきた。
・挫折があなたを見捨てることはないって。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月25日(Thu)▲ページの先頭へ
<地位>

・A:「犬はかつて、家の外で飼ってたよね?」
 B:「ぼくの犬は家の中で暮らしている。」
 A:「それって、犬の地位が上がったってこと、それとも人間の地位が下がったってこと? きみはどう思う?」
 B:「両方ってこともありうると思うよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月22日(Mon)▲ページの先頭へ
<意見>

・モノはいってみるもんだよ、あんたも。
・当たり障りのない意見など、貴方には無用であり、
 単純で率直な意見だけが、貴方の役に立つんだ。
・あなたの意見の、格調の高さに反比例して聴く者の数は減少する。
・貴方がはっきりとした意見を述べるほど、周囲からの風当たりは強まる。
・内容のない意見ほど、大声でいうと通るものさ、という貴方。
・キミは、その意見が笑われるのを恐れるより、意見のないことを恐れるべきである。
・あなたが正しい意見を言えば、100人のうちの何人かは傷つくに決まっている。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月21日(Sun)▲ページの先頭へ
<親切>

・あなたの本当の親切ほど、邪魔にされるものはない。
・「おやぎり」と読んだ貴方は、親を切ってでもするものと思ったのだろうか。
・貴方は人への親切を義務と思ったらオシマイよ。
・あなたの親切は2倍以上のアダとなって返ってくることもあり得る。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月19日(Fri)▲ページの先頭へ
<窒息>

・A:「変な夢をみた。
    メドゥーサに首を絞められて、死ぬかと思った。」
 B:「・・・。」
 A:「?(首に何か巻きついてる)」
 B:「・・・。」
・その1(Bが人間でない場合)
 A:「何だ、お前か。
    夜ひとりじゃ、寂しかったんだな。」
・その2(Bが人間の場合)
 A:「だから、お前の横で寝るのは嫌だといったんだ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月18日(Thu)▲ページの先頭へ
<除去>
・A:「あなたはどのような装置を開発してるんですか?」
 B:「原爆や放射能毒兵器によって汚染された場所から放射能を完全に除去する装置です。」
 A:「そんなものが完成したら、この世はとんでもないことになりますよ。あなたには分からないんですか?」
 B:「でも残留放射能から人々を救えるんですが。」
 A:「核保有国の悪党どもは、核兵器を使った後、貴方の装置で奇麗にしてから、何事もなかったかのような顔で勝利のコメントをすることは目に見えてます。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月16日(Tue)▲ページの先頭へ
<数字>
・貴方の数字は 5 五体  五里霧中
          5 五本指 五風十雨
          5 五臓  五十知命。

・貴方に付いてくる数字が貴方の全てとは思わない方がいい。
・1を目指すあなたに、2や3は敗北と同じであるから、
 他人よりも数多くの挫折感を味わう覚悟が必要である。
・あなたのもつ数字は、望む方向には引き算であり、
           望まない方向には足し算である。
・1を聞いて100を知る貴方は、
 100を聞いてただ混乱する。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月15日(Mon)▲ページの先頭へ
<宇宙>
・この宇宙は、あなたの狭い頭で考えるだけのものではなく、あなたの○で感じるものです。
・宇宙に果てがあろうとなかろうと、大した問題ではない。仮に果てがあったとしたって、あなたの肩身が狭くなる訳ではないから。

・A:宇宙が生まれる前から天国はあったの?
 B:そういう質問をする、あなたのような人のために、神様は地獄を作っておいたのだといった人がいました。
 A:でも、もしも地球ができなかったら、天国なんて必要ないんじゃない?
 B:それは、いい質問です。
 A:どうして?
 B:その場合、私も当然にいませんので、質問に答える必要もないからです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月14日(Sun)▲ページの先頭へ
<芸>

・A:「あの芸能人、あなたどう思う?」
 B:「あれはゲイの芸ね。」
 A:「え、下の下?」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月10日(Wed)▲ページの先頭へ
<温度>

・A:「暑いですね。」
 B:「はい、暑いです。と言ったって、少しも涼しくなる訳でもないのに、どうして人はつい、言ってしまうのでしょうか?」
 A:「お若いあなたには未だ分からないかも知れませんが、自分の体の温度センサがいかれてないかどうか、確認するためですよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月09日(Tue)▲ページの先頭へ
<信仰>

・宗教だけがアナタの信仰とは限らない。
・信仰とは、今の苦しみから貴方を救い出すことです。
・君が信仰という絵の具に染まらないよう願うのは、
 君の色は君にしか出せないものであるから。
・アナタの喜びの中で信じられる○○がある。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月07日(Sun)▲ページの先頭へ
<フィクション>

・あなたは<1万回家出した犬>が何故3回に分かれているのだろうかと思われるかも知れない。
 作者は第1話を書いた後で、第2話を思いつき、さらに足りないと思って最終話を書いたと、あなたは思うのだろうか?
 それとも、作者は最初から全部を書き、3回に分ければ3日分かせげると思ったと、あなたは考えるのだろうか?
 いずれにせよ、この話はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません。
 ただ、主人公のモデルとなった人物は家出したまま、いまだ消息不明である。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<1万回家出した犬(終話)>

・家に帰ると、あなたは子供とゲームをして遊びました。
 その夜、あなたは最初に飼った犬が家出したときの夢を見ました。
 翌朝、あなたは起き上がると、「もしかすると昨日の犬は」と呟きました。

 子犬は成長し、ある日、最初の家出をしました。[完]

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月06日(Sat)▲ページの先頭へ
<1万回家出した犬(続き)>
・犬は立ち止まって、あなたを見ていましたが、安心した様子でその場に横たわり、再び起き上がることはありませんでした。
 あなたは、その日の夕方、近所の人から犬のことを訊かれましたが、自分の犬ではないと答えました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<1万回家出した犬>

・ある日、あなたの飼っていた犬が家出しました。
 理由は分かりません。あなたは近所を隈なく探しましたが、見つかりませんでした。
 犬は、しばらくの間、野良犬となって自由に暮らしていました。ある時、犬は捕まって保健所に連れていかれましたが、運良く飼い主が現れました。
 それから10回目の家出の後で、次の飼い主のところにいる間、犬は高価な首輪をしていました。
 100回目は、飼い主が帰って来なくなったときでした。
 1000回目は、飼い主が茶トラの猫をつれてきたときでした。
 10000回目のとき、老いた犬は何故かあなたのことを思い出し、長い旅に出ました。ようやく、あなたの家の近くまで辿り着いた犬は、あなたと子供が楽しそうに散歩しているのを見かけました。その子供が連れていたのは同じ種類の子犬でした。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月05日(Fri)▲ページの先頭へ
<飢餓>

・A:「何故、あなたは強さを求めるのですか?」
 B:「自分が本来、弱い人間だからでしょう。
    あなたは何故、愛を求めるのですか?」
 A:「それは、生まれたときから飢えているからでしょうね、愛してるだなんてコトバではない何かに。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月04日(Thu)▲ページの先頭へ
<同時>

・あなたは賢いと同時にバカな存在者である。
 あなたは美しいと同時に醜い生き物である。
 貴方は優しいと同時に残酷な有機体である。
 だから、あなたはこうして生きていられる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月03日(Wed)▲ページの先頭へ
<自分をダメにする方法>

・その1:あなたは言われたことをただコツコツと行う。
・その2:うまくもない健康食品をあなたは我慢して食べる。
・その3:あなたは常に安全な橋を渡る。
・その4:今やりたいことを、あなたは後回しにする。
・その5:あなたは、周囲が期待するように行動する。
・その6:結果が思うようにいかなかったとき、あなたは自分かまたは世間のせいにする。
・その7:あなたは一人になることを怖れる。
・その8:自分だけは幸福になりたいと思いながら、あなたは生活する。
・その9:あなたは落ちぶれたとき、貧乏に絶望し、助けを求めない。
・その10:あなたは自分が特別で、明日もまだ生きているなどと平気で思い込んでいる。
・その11:あなたはここに書いてあることを鵜呑みにする。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年08月01日(Mon)▲ページの先頭へ
<長生き>

・A:「セミはどうして夜もあんなにやかましく鳴くんだろう?
    もう少し音を小さくすれば、地上でもっと長く生きられるのに。」
 B:「キミには、セミのココロが分からないようだ。
    短い命だからこそ、相手を求めて精一杯叫んでるんだよ。」
 A:「ほんとは、7年も土の中で黙って暮らす生活に飽き飽きしてるのかも知れないよ。」
 B:「そーいえば、子供ころにキミがないてるのを見たことがないな。」
 A:「120歳を目標にしてるから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年8月
 
     

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (174)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (21)
7月 (17)
8月 (18)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (23)
2011年 (264)
1月 (26)
2月 (15)
3月 (23)
4月 (21)
5月 (23)
6月 (18)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (24)
11月 (22)
12月 (22)
2012年 (272)
1月 (28)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (11)
5月 (23)
6月 (21)
7月 (28)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (23)
12月 (21)
2013年 (292)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (20)
4月 (26)
5月 (29)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (27)
10月 (24)
11月 (28)
12月 (27)
2014年 (291)
1月 (23)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (25)
10月 (26)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (270)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (21)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (306)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (28)
6月 (25)
7月 (25)
8月 (25)
9月 (24)
10月 (20)
11月 (22)
12月 (28)
2017年 (130)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (22)

アクセスカウンタ
今日:2,406
昨日:3,780
累計:2,458,684