言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2011/09

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2011年09月28日(Wed)▲ページの先頭へ
<実在>
・A:「私という者はすぐに特定できるのに、「あなた」というヒトは実際には存在しないんだけど。」
 B:「具体的な誰かを特定しない限り、「あなた」という実在は考えられないんだ。」
 A:「神と呼んでるものも「あなた」と同じように、存在しないと考えていいのかな?」
 B:「ヒトがおかす誤りは、神を具体的な何かに当てはめてしまうことだよ。」
 A:「つまり、キミは、神が何ものにも当てはまらない存在だとを言ってる訳だね。」
 B:「科学では、そのような不特定の対象を取り扱うことができないのさ。
    未知の法則と同じように、存在しないとは言い切れないんだ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月27日(Tue)▲ページの先頭へ
<使命>

・天を仰ぐ貴方の手には使命が与えられる。
・あなたに課せられた使命は、悔いのない人生を全うすることです。
・使命とはあなたが命を使って行うものであります。
・どう○○するかが、あなたの大きな使命となる。
・アナタの喜びの中で信じられる使命がある。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月26日(Mon)▲ページの先頭へ
<3匹の猪(続き)>

・地震と津波に襲われた兄弟3匹の猪は、いっしょにワラの家を作ることにしました。
 3匹が一休みしているとき、
 「もう少しで完成だな。
  ところで、このワラは何処でもらって来たんだ?」と一番上の猪が末っ子の猪に訊きました。
 「農家からもらって来たんだよ。いつだったか、兄さんたちに教えてもらったところだよ。」と末っ子の猪が答えました。
 「ニュースでやってたけど、地震で原発事故が起きたの、知らないの?」と二番目の猪が言いました。
 「もしかすると、お前がもらってきたワラは放射能で汚染されているかも知れないぞ。」と一番上の猪が言ったとき、3匹は互いに目を合わせてしまいました。
 結局、3匹の猪はワラの家を捨てて、別の場所に移ることにしました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月25日(Sun)▲ページの先頭へ
<ヒト>

・ヒトは真実を求めながらも、それを怖れていると貴方はいう。
・体の歪みをとろうとするヒトの数よりも、
 心の歪みをとろうとするヒトの数の方が少ないことを、貴方は知っている。
・100年後、その時代のヒトにはキミが幻のように見えることだろう。
・ケーケンのヒトツヒトツがキミの○○にとってタイセツな青宝玉や黄玉のようだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<小品>

・A:「どうして貴方の作品はそんなに短いのですか?」
 B:「タイセツなコトバが、数多くのコトバの屍に埋もれてしまわないためです。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月23日(Fri)▲ページの先頭へ
<居場所>
・A:「なかなかあえないけど、神様は今どこにいるの?」
 B:「あなたの知らないところにいて、ちゃんとあなたを見守ってるのよ。
    ヒトは全てを知ることができないから、神様の居場所がなくなることはないの。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月22日(Thu)▲ページの先頭へ
<カッコ>

・かっこ悪くたって、あなたの言動がココロからでたものなら問題はないという。
・(あなた)は引っ込み、
 「わたし」は出っ張る。
・あなたのままのカッコウでいいんだ。
・詩のようにかっこつけたコトバでなくたって、
 ドロクサくて見っとも無いコトバだって、
 あなたの真ん中にはちゃんと届くって。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月21日(Wed)▲ページの先頭へ
<思い>

・思い通りにならないから、あなたには希望がある。
・あなたに届けられる1つ1つの思いがある。
・そなたの心が悲しむときには、○を思い出し、
 そなたの心が楽しいときには、○を思い出す。
・貴方は自らを顧みて、その本当の欲求に思いを馳せる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
<おもしろ>

・人生はおもしろくないと思うほど、あなたにはおもしろくなくなるものに違いない。
・面白くなくてもいけないし、面白がっていてもいけない貴方の○○。
・つらが白いほど面白いだなんて、キミの顔が赤くなるくらいじゃないと。
・ときには、あんたの顔が面白くたっていいじゃないか。
・おもしろすきれば、あなただって最後は笑えなくなっちまう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月19日(Mon)▲ページの先頭へ
<3匹の猪>

・むかし、ブターンという島に、兄弟3匹の猪がいました。
 一番上の猪は煉瓦で家を建てて住み、
 下の2匹の猪を招いては、
 「どうだ、お前たちの家に比べて立派だろう。」
と自慢していました。
 二番目の猪は木の家を建てて住み、末っ子の猪はワラの家に住んでいました。

 ある日、大きな地震が起こり、煉瓦の家は崩れてしまい、木の家とワラの家は津波で流されてしまいました。
 困り果てた2匹の猪は、末っ子の猪のところにやって来ました。末っ子の猪はまたワラの家を作っていました。
 一番上の猪は、「お前のワラの家に泊めてもらうことはできそうもないな。」と言いました。
 二番目の猪は、「折角建てた家が流されてしまって、どうしようもなくなったよ。」と言いました。
 末っ子の猪は、「ぼくの家は簡単だから、すぐに作れるよ。」と笑って答えました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月16日(Fri)▲ページの先頭へ
<質問>
・A:「ところで、あんたは質問をするためにここに来たんだろう?」
 B:「そうですが、あなたが先に答えを言ってくれたので、その必要はなくなりました。」
 A:「では、わたしから質問してもいいかな?」
 B:「どうぞ。」
 A:「わたしは、少ししゃべりすぎたのではないかな?」
 B:「どんなにたくさん話したとしても真実は1つです。」
 A:「真実が2つあればと思うことがあるよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月15日(Thu)▲ページの先頭へ
<菜食>

・A:「あなたはベジタリアンだそうですね?」
 B:「えぇ。」
 A:「菜食主義にもイロイロな派があると聞いてますが、
    あなたは動物を全く食べないのですか?」
 B:「いいえ。野菜についた雑菌などは殺菌なしで食べてます。」
 A:「雑菌は植物ではないですか。」
 B:「動物と植物との間の境界などは所詮、人間が勝手に決めたものに過ぎませんから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月09日(Fri)▲ページの先頭へ
<書名>
A:あなたは本当に美味しい野菜を食べていますか?
B:モチ論
A:あなたは7年ごとに生まれ変わる
B:どうしてなの?
A:あなたは絶対!運がいい
B:いつも いつも そうかな
A:あなたは出会うべき人に必ず会えます
B:それはやっぱり恋のせい!?

A:嘘をもうひとつだけ
  あなたってほんとにしあわせね!

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月04日(Sun)▲ページの先頭へ
<天地人>

・天はヒトの上にあらず、
  そなたのウエにあり。
 地はヒトの下にあらず、
  そなたのシタにあり。
 人は人のためにありて、
  そなたのためにあり。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<音楽>

・理屈ぬきで貴方のココロにしみこんでいくのがオンガクである。
・音楽の場合でも、テクニックだけで誤魔化そうとするニセモノがある。
 たとえ下手でも、本物ならアナタの想いを音で伝えることができる。
・耳を澄ませば、キミの話すコトバからも音楽が聞こえる。
・口から発するコトバも奏でる音楽も、
 うまれ出た瞬間から時間の中に埋もれてゆく運命にある。
 まるで貴方の人生の儚さを象徴するかのように。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月03日(Sat)▲ページの先頭へ
<内向>

・なんとも不思議な貴方の内向性。
・アナタが内向的な性格をもつことは、生きることに対して真正面な証しであるから、何も無理に外向的に振舞う必要などないのです。
・世界を曇らせているのは貴方自身の内向性ではなく、見かけだけの○○かも知れない。
・A:「あなたの好きなコトバはなんですか?」
 B:「内向的です。」
 A:「内向的というコトバはわたしも好きですね。
    ところで、どうしてあなたはそのコトバが好きなんですか?」
 B:「他人から外向的ですねといわれると、何も考えてないかように思われるからです。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月02日(Fri)▲ページの先頭へ
<たいん>

・会いたいんよ。
 笑いたいんよ。
 あんただって。

・泣きたいんよ。
 喚きたいんよ。
 あんただけで。

・愛したいんよ。
 恋したいんよ。
 あんたのこと。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2011年09月01日(Thu)▲ページの先頭へ
<台風>
・A:「キミは水陸両用車に乗ったの、はじめて?」
 B:「2回目だよ。」
 A:「この車には最新式のカーナビがついてるんだ。」
 B:「キミが以前から欲しがってたやつだね。」
 A:「あぁ、このボタンを押すと台風の進路を予測してくれるんだ。」
 B:「予測してどうするの?」
 A:「台風の目に誘導してくれるのさ。
    ほら、近くに台風が来てるから試してみよう。」
(1時間後、車は台風の目の中に入る。)
 B:「目の中にいる間、安全なのは分かったけど、ここからどうやって出るの?」
 A:「その先はマニュアルを読んでないからカーナビに訊いてくれ。」
 B:「まさか熱帯低気圧に変わるまで走り続けるわけ?」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年9月
       
 

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (169)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (18)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (22)
2011年 (247)
1月 (26)
2月 (14)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (22)
9月 (18)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (20)
2012年 (259)
1月 (28)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (22)
12月 (21)
2013年 (281)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (23)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (24)
11月 (28)
12月 (26)
2014年 (285)
1月 (23)
2月 (25)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (25)
10月 (25)
11月 (24)
12月 (26)
2015年 (259)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (23)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (21)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (295)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (19)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (227)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (15)

アクセスカウンタ
今日:2,288
昨日:3,476
累計:2,845,111