言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2011/12

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2011年12月28日(Wed)▲ページの先頭へ
<形成>

・君の形を成す○○は、最初から備わっていたものだろうか?
・あなたのココロが誰かと繋がって1つの世界を形成している。

・A:「明日はどんな形をしてるの?」
 B:「それは君の夢の中にあるかもしれないよ。」
 A:「誰も想像できないのに?」
 B:「新しく創り出されるものは、今まで全く見たことのないものではないんだよ。これまでとは違う組み合わせの形で成り立ってるんだ。」
 A:「どうして?」
 B:「人の頭の中に入っているものしか、出てこないからさ。君がとんでもない化け物を見たとしても、誰かに説明するとき、個々のパーツは何かに似た形をしてる筈だ。」
 A:「じゃ、昨日はどんな形をしてるの?」
 B:「たぶん、君が普段と同じような生活を送っていて数週間も経ったときに忘れ易い形だろうね。」


2011年12月27日(Tue)▲ページの先頭へ
<いるのに>

・知っているのに知らないというのは、
 あなたが酔っているのに酔っていないといっているのと同じことらしい。
・黙っているのに、あなたの視線は何故か泳いでいる。
・君は人生の○○を持っているのに、どうして使わないのだろうか。
・明日が待っているのに、あなたは怯えたり、怖れてはいけない。


2011年12月26日(Mon)▲ページの先頭へ
<タイミング>

・適当なタイミングで話されるコトバほど、
 あなたに最上の価値をもたらすものはないという。
・貴方は絶好のタイミングを見出すために命を懸ける。
・時がこのまま止まったら、貴方は○のタイミングも失ってしまう。
・貴方は忘れかけていたタイミングをとり戻す。
・話すべきことは、最高のタイミングで貴方に与えられるであろう。
・貴方が、さりげないタイミングに気付きますように。


2011年12月24日(Sat)▲ページの先頭へ
<風に吹かれて>

・今日は楽しいクリスマス・イブ
 サンタのあなたも、ほろ酔い気分で千鳥足
 我が家に着いたら電気は消えてる
 屋根にゃエントツあるわけない
 ジ・アンサー,
 マイ・フレンド,
 イズ・ブローイング・イン・ザ・ウィンド


2011年12月23日(Fri)▲ページの先頭へ
<トナカイ>
・A:「キミはクリスマス・プレゼントにどんなものが欲しい?」
 B:「赤鼻のトナカイ。」
 A:「ほんものは無理だよ。」
 B:「サンタさんにお願いしてみるよ。」
 A:「玄関から入れられるものにしたら?」


2011年12月22日(Thu)▲ページの先頭へ
<憐れ>

・憐れみは、そなたに降り積もる真綿の雪のようです。
・あなた自身を憐れむのはやめたほうがいい。
 これらも、あなたは自分のやったことを全て背負っていかなければならないんだから。
 すこしは過去のあなたが選んだ○○を尊重してあげたらどうなの?


2011年12月21日(Wed)▲ページの先頭へ
<救う力>
・A:「あなたは、ほんとうに救われたいと願ってるんですか?」
 B:「はい、もちろんです。今、絶望的なんですから。」
 A:「わたしは未だ、真の絶望をみたことがないので、あなたの希望に副えるかどうかわかりません。」
 B:「絶望したときには希望が必要なんですよ。」
 A:「それはあなた自身がもつものであって、あなたを救う力など誰も持ち合わせてはいないと思いますよ。」
 B:「では、どうすればいいんですか?」
 A:「だから、くどいようですが、
    あなたはほんとうに救われたいと願ってるんですか? と聞いているんです。」


2011年12月20日(Tue)▲ページの先頭へ
<多忙>

・A:「今日は多忙な日々を送っている方々に質問します。
    あなたにとって無駄な時間とは何ですか?」
 B:「何も感じられなかった時間かな。」
 C:「自分が楽しめなかった時間です。」
 D:「こんな質問に答えてる時間ですよ。」


2011年12月17日(Sat)▲ページの先頭へ
<クイズ>

・A:「あなたはクイズがお好きですか?」
 B:「はい。」
 A:「では、一問。
    シジュウ空にするトリは?」
 B:「閑古鳥です。」
 A:「なんと、あなたはそのトリを知ってるのですか?」
 B:「近所の商店街にいると聞いてます。」
 A:「それはどんなトリですか?」
 B:「人がいないときしか啼かないので、誰もその声をしらないんですよ。」
 A:「今日はどの店にいますか?」
 B:「さぁ、クリスマスに近づくと、だんだんいなくなるらしいんですよ。」


2011年12月16日(Fri)▲ページの先頭へ
<空気>

・あなたは空気のような存在だといわれて、存在感のなさに気づく。
・なんとも不思議な貴方の空気。
・手を抜いてると、キミの空気も抜けてくる。
・あなたにとって最もタイセツなのは、その場合の空気であった。
・場の空気が拙ければ、そなたの食も不味かろう。


2011年12月15日(Thu)▲ページの先頭へ
<質量>

・A:「君も僕も質量があるってことについては変わりないね。」
 B:「減量したいと思っている人が多いから、質量の有り難味はなくなってきてる。」
 A:「質量がゼロになったら、どうなるの?」
 B:「君はずっと動き回ってることになるよ。」
 A:「質量のおかげで、一休みできるってことか。」
 B:「そういうこと、こうやって油売ってられるのも。」


2011年12月14日(Wed)▲ページの先頭へ
<愚か者>

・A:「人生を知るには、どうすればいいのか、教えを乞いたいのですが。」
 B:「まず、そなたは100年間、生きてみるのです。」
 A:「その間、どうすればいいのですか?」
 B:「そなたは100年間、学び続けるのです。」
 A:「そうすると、どうなるのですか?」
 B:「そなたは幸せな愚か者のままで、あの世に往くことができるのです。」
 A:「では、私が100年の間、学ばないとしたら、どうなるのですか?」
 B:「そなたは愚か者であることも知らずに、この世を去ることになります。」


2011年12月12日(Mon)▲ページの先頭へ
<ときには>

・ときにはあなたの中の○を開くことも必要さ。
・全ての人が君よりも幸福になったときには、ほんとうの幸せがくると誰かがいう。
・多少オジ(バ)サンになったかな、と気にはしている貴方が、突然そう呼ばれて振り向きざまに表情を変貌させるとその通りになるらしい。

・ねぇ、うれしいときには、たのしくしてよ!
    かなしいときには、さびしくしないで!
    いっしょにいるときには、いつものあなたでいてほしい。


2011年12月11日(Sun)▲ページの先頭へ
<器>

・あなたのココロの器は、その大きさの如何に関わらず、満たされることを願う。
・器量には左右されないという貴方。
・ほらほら、君はその器から抜け出したいと思ってるんじゃないか。
・最後になくすものは、あなたの大切にしてきた器の中にある。


2011年12月10日(Sat)▲ページの先頭へ
<領域>

・この世界は答えのある領域とない領域を含み、
 あなたはどちらかといえば、答えのない領域に生きている。
・他人からあなたの領域に入ってきたものは、いずれあなたから出てゆく。
・今のアナタにみえない領域は、アナタの到来を待ってる。
・あなたがその手で掴みとった領域。
・無意識に犯す罪の多くは、無関心の領域にあることを貴方は知っている。
・あなたの領域にはあなただけの○○がある。


2011年12月08日(Thu)▲ページの先頭へ
<不等号式と等号式>

・  あなた  >  わたし ?
   あなた  <  わたし ?
   あなた <> わたし ?
    片想い =  肩重い


2011年12月06日(Tue)▲ページの先頭へ
<根拠>

・自分だけがまともだなんて、何の根拠もないってことは、あなた自信がよく知っているではありませんか。
・貴方は、感謝の気持ちを伝えることを怠っていなかったと知ったとき、根拠もなしに安心することができる。
・貴方はいつだって、何の根拠も知らないまま生きてるんですから。
・あなたの幸福の根拠は、他人には根も葉もないものだ。
・ときには根拠のない自信が、あなたに必要かも。


2011年12月04日(Sun)▲ページの先頭へ
<電話>

・A:「昔の電話は、据え置き式だったってこと、君は知ってる?」
 B:「知らなかった。そんな不便なものをよく使ってたね。」
 A:「でも、他人から束縛されずに済むっていうメリットがあったんだよ。」
 B:「なるほど。よく考えたもんだね。」


2011年12月03日(Sat)▲ページの先頭へ
<患者>

・A:「先生から患者というコトバを聞いたことがありませんが、
    何故でしょうか?」
 B:「あなたに対してそのようなコトバを使った瞬間から、
    わたしとあなたとの絆を断ち切ってしまうことになるからですよ。」
 A:「それは治療の成功にとって重要なことでしょうか?」
 B:「勿論です。あなたがわたしを信頼してくれることを裏切る訳にはいきませんから。」


   


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。


新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年12月
       

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (164)
3月 (5)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (22)
2011年 (241)
1月 (26)
2月 (13)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (21)
9月 (17)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (19)
2012年 (255)
1月 (28)
2月 (20)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (23)
11月 (22)
12月 (20)
2013年 (277)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (22)
11月 (27)
12月 (26)
2014年 (280)
1月 (23)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (25)
2015年 (256)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (20)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (290)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (27)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (17)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (278)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (25)
11月 (20)

アクセスカウンタ
今日:2,909
昨日:3,211
累計:3,055,618