言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2012/01

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2012年01月31日(Tue)▲ページの先頭へ
<開閉>

・開かない君の扉を開けようとするよりも、
 閉じる方がよっぼど簡単なことなのです。
・ときにはあなたの○を開くことも必要で、
 ときにはあなたの○を閉じることも必要だ。
・目を閉じると闇の中に自分がいて、
 目を開けると光の中に貴方がいる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月30日(Mon)▲ページの先頭へ
<精神>

・そなたの肉体は滅び、その貴き精神が遺される。
・貴方にも精神的な○○を求める時がくる。
・あなたの精神が真剣に生きようとするとき、初めて創造する者となる。
・君の精神的生活は、いつものように○○だ。
・精神が自由なものであることを知ったアナタはもう・・・。
・貴方は精神活動力の現れ方に戸惑うこともある。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月29日(Sun)▲ページの先頭へ
<玉>

・A:「この玉は何か知っている?」
 B:「6つあるね。」
 A:「龍玉っていうんだよ。」
 B:「それを使って、君の願いが叶えられるの?」
 A:「もう1個必要なんだ。」
 B:「それはどこにあるの?」
 A:「最後の1つは目にみえないのさ。」
 B:「それじゃ、見つかりそうもないね。」
 A:「ココロの中に誰でも持ってるらしいんだ。」
 B:「でも、ぼくにはないと思うよ。」
 A:「どうして?」
 B:「パチンコで使ってしまったから。」
 A:「願いを形にするコツは、多くを望まないことだよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月28日(Sat)▲ページの先頭へ
<ジプシー>

・ときには、アナタもジプシーのように自由な気分で。
・唄と踊りさえあれば、今の君に足りないものなんかない。
・あんたに何もないのはジプシーの特権だから。
・君のところにある○○○なものなど、
 全て金持ちにくれてやればいい。 
・アミーゴ、君を一人ぼっちにはしないさ。
・A:「○×〜、■∵△〜」
 B:「へたくそな唄。」
 C:「シーッ!」
 D:「シーッ! シーッ!」
 E:「シーッ! シーッ! シーッ!」
 F:「シーッ! シーッ! シーッ! シーッ!」
 G:「うるさーい!!」
 B-F:「あんたが1番ウルサイ!」
 A:「・・・。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月27日(Fri)▲ページの先頭へ
<再会>

・A:「久しぶりね!」
 B:「ほんと、元気してた?」
 A:「ええ、あなたはどう?」
 B:「まあまあ。」
 A:「ところで、あなたの名前、思い出せないんだけど。」
 B:「わたしも同じみたい。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月26日(Thu)▲ページの先頭へ
<歩幅>

・それでもアナタはいつもと同じ歩幅で進んでゆく。
・人生は長いようで短く、貴方の歩幅は短いようで速い。
・国外へとその歩幅で踏み出すとき、
 貴方は日本人のカンバンを背負っていることに気づく。
・貴方の確かな歩幅でなら、いつまでも昇っていけるのです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月25日(Wed)▲ページの先頭へ
<にせ札>

・A:「ボス、だいぶ刷りましたから、ここらへんで、もういいんじゃないですか?」
 B:「まだまだ。」
 A:「でも、お札の価値がどんどん下がってますから、
    1枚を刷るのにかかる費用が、お札の値段よりも高くなりますよ。」
 B:「お前には言わなかったが、ここで止めたら印刷機のローンが払えなくなってしまうんだ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月24日(Tue)▲ページの先頭へ
<にぶつ>

・A:「君にはいろんな才能があって羨ましいよ。」
 B:「どうかしたの?」
 A:「天はニモツを与えず、っていうでしょ。」
 B:「それをいうなら、天は二物を与えず、でしょう。」
 A:「僕の場合、天は一物も与えず、さ。」
 B:「そんなことはないって。君のところにも荷物は届いてるはずだよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月23日(Mon)▲ページの先頭へ
<片方>
・ひとりでいると、貴方は片方の世界しか視えなくなるのかも知れない。
・夏に眠っていた貴方のもう片方の力が冬に目覚める。
・置き去りにされた貴方の片方のココロは、
 もう二度と戻っては来れなくなる。
・何も知らなかった貴方は、
 何かを知ることによって失われる片方を知るのです。
・もう片方の○は何故か、あなたの知らない所にある。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月22日(Sun)▲ページの先頭へ
<何気>

・この世で何気なく暮らしていると、
 気が付いたときには、全てが変ってしまっているのですから、
 貴方の中で変らない何かがあってほしいのです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月19日(Thu)▲ページの先頭へ
<くだらない>
・A:「こんなくだらないことやってて何か意味があるんだろうか?」
 B:「君がくだらないと思うことでも、他の人にとって百済ないとは限らないでしょう。」
 A:「そうかな?」
 B:「ほら、このブログだってクダラナイことばかり書いてあるけど、見に来る人がいるじゃない。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月18日(Wed)▲ページの先頭へ
<大した>

・ほんとーに大したもんだよ、あんたってヒトは。
 たいして誉められやしないのに、
 毎日少しでも、周囲を喜ばせようとしてるんだから。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月17日(Tue)▲ページの先頭へ
<日暮れ>

・この世のなごりと見る雪は、
 真白に冷たく降りかかり、
 遠き昔の君のこと、
 想い出してはみたものの、
 いつものように日は暮れる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月16日(Mon)▲ページの先頭へ
<当たり前>

A:「人生は貴方のいうとおり、当たり前なことの繰り返しですよ。」
B:「もしも、それが当たり前でなくなったら?」
A:「大変なことになるでしょうね。」
B:「どうしてですか?」
A:「そのときは、当たり前でないことが当たり前になってしまってますから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月15日(Sun)▲ページの先頭へ
<ゴム>

・あなたの○はまるでゴムのようにしなやかに。
・貴方の周りでゴムが支えてくれていることを知るのです。
・ゴム人間の気持ちになれば、全てが今のあなたに届くのですよ。
・手首に輪ゴムをつけたようにふっくらしてた頃のあなた。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月14日(Sat)▲ページの先頭へ
<全力>
・どんなときでも、
 全力を出し切るために貴方がすべきことは唯ひとつ。
 それは、天から与えられた貴方の力を信じること。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月13日(Fri)▲ページの先頭へ
<カビ>

・A:「ほら、このモチ、カビが生えてる。」
 B:「ほんとだ。」
 C:「これじゃ、食べない方がいいね。」
 D:「どうかしたの?」
 A:「モチにカビが生えてるんだよ。」
 B:「何かいい方法はないかな?」
 C:「水に漬けとくといいかも。」
 D:「君たち、そんなことも知らないの?」
 A:「どうすればいいの?」
 D:「一番いいのは、カビが生えるまえにモチを食べることさ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月12日(Thu)▲ページの先頭へ
<痛手>

・ココロに痛手を負いながら、あなたは明日も生きてゆく。
・本当の痛手というものを貴方は、知っているのだろうか。
・そなたの一生に最もタイセツなものは、その痛手から得たものです。
・あなたの受けたココロの痛手は、体の傷よりも治り難いものですから。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月11日(Wed)▲ページの先頭へ
<うつ>

・A:「君がうつ病になったって聞いて心配してたよ。」
 B:「困ったことになったんだ。」
 A:「どうしたの?」
 B:「医者にうつっちゃったんだ。」
 A:「え! それってうつるの?」
 B:「さぁ、どうだろう。」
 A:「僕には、うつらないと思うよ。」
 B:「どうして?」
 A:「移り気な性格っていわれてるから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月10日(Tue)▲ページの先頭へ
<相対性>

 A:「正月早々、何を計算してるの?」
 B:「特殊相対性理論の時空変換式だよ。」
 A:「まったく、お前って奴は暗いな。」
 B:「この理論によると、僕から君をみた場合にも同じことが言えるんだよ。」
 A:「だから、暗い者同士で暗くしてたってどうしようもないんだってば。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月08日(Sun)▲ページの先頭へ
<評判>
A:天の龍、B:地の龍

・A:「原発ほどではないけど、最近、君の評判はよろしくないね。」
 B:「キミのせいで僕は人間どもから恨まれている。キミが空から雨を降らせ過ぎるから洪水が起こっているのに、人間どもは僕が暴れるから川が氾濫すると思い込んでるんだ。いい迷惑さ。」
 A:「では、君は僕がわざと雨を降らしているとでも思ってるのかい?」
 B:「キミの評判が悪い場所では、人間どもが雨乞いをしても、キミはケチでちっとも雨を降らしてくれないといって嘆いてるよ。」
 A:「こうなったのは、人間たちが温室効果ガスを出し続けてるからだってことくらい、君も知ってるだろう。」
 B:「結局、我々の評判が落ちてるのは人間どもの仕業だということになる。」
 A:「何か仕返しでも考えてるの?」
 B:「モチロン。大暴れしてやるさ!」
 A:「どこで?」
 B:「食料の先物相場で。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月06日(Fri)▲ページの先頭へ
<御神籤>

・A:「僕は大吉だったけど、君はどうだった?」
 B:「今年は末吉だったよ。」
 A:「あの神社は、大吉が一番多いみたいだから。」
 B:「なぐさめは要らないよ。去年は大凶だったから。」
 A:「君は籤運がいいのかも知れない。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月05日(Thu)▲ページの先頭へ
<ストロー>

・A:「きみはどうしてストローの穴から、この世界を見ようとするのか?」
 B:「人は壁に穴が開いていれば、そこから覗きたくなる生き物だからですよ。」
 A:「では、ピンホールを1つだけ開けた部屋を用意しますので、きみは一生、その中で暮らして下さい。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月04日(Wed)▲ページの先頭へ
<地味>

・地味なことだから、そなたが地道にやり続ける価値がある。
・今のあなたには、地味に進むべき道ができている。
・地味は貴方と違って落ちぶれることも、貧しくなることもない。
・あなたは自分自身が地味だったというけれど。
・貴方のもつ地味こそが、ほんものなのです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月03日(Tue)▲ページの先頭へ
<モチ>
A:「お婆ちゃん、正月のおモチの味は如何ですか?」
B:「まあまあだ。
  お前はどうして毎月モチを食わせてくれるんだ?」
A:「それは、正月にモチを食べたとき、喉に詰まらせないための訓練ですよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<いいこと>

・A:「御老人、最近何かいいことはありますか?」
 B:「あぁ、こうしていきていることじゃ。」
 A:「では、あなたにとって何か悪いことはありますか?」
 B:「あぁ、こうしていきていることじゃ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月02日(Mon)▲ページの先頭へ
<くしゃみ>

・A:「この頃、くしゃみが2回続くことが多いんだけど。」
 B:「それは誰かが貴方の悪口を言ってるからでしょう。」
 A:「そうかな。
    1回目のくしゃみは誰かが僕のいいウワサをしていて、
    2回目のくしゃみは別の誰かが僕のいいウワサをしているのかも知れない。」
 B:「それなら、貴方が4回続けてくしゃみをしたら要注意だよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年01月01日(Sun)▲ページの先頭へ
<おとし>

・A:「君はお年玉もらったの?」
 B:「もらったけど、落としたんだ。」
 A:「そりゃ、幸先悪いね。」
 B:「落とし玉って言うんでしょ?」
 A:「ほんとに失くしたの?」
 B:「実は、拾ってくれた人がいたんだ。」
 A:「それは運がいいね! 袋に住所と名前でも書いてあったの?」
 B:「そんなことしなくても良かったんだ。」
 A:「どうして?」
 B:「その拾った人からもらったお年玉だからさ。」
 A:「なるほど。それで、たくさん入ってた?」
 B:「それは秘密。」
 A:「どうしてお年玉もらえるのか知ってる?」
 B:「知らない。」
 A:「君が人の落し子だからだよ。」
 B:「どういうこと?」
 A:「君がお年玉をあげたいと思う歳になれば分かるよ。」
 B:「ふーん。まだそのおとし頃ではないからね。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年1月
       

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (164)
3月 (5)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (22)
2011年 (241)
1月 (26)
2月 (13)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (21)
9月 (17)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (19)
2012年 (255)
1月 (28)
2月 (20)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (23)
11月 (22)
12月 (20)
2013年 (277)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (22)
11月 (27)
12月 (26)
2014年 (280)
1月 (23)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (25)
2015年 (256)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (20)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (290)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (27)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (17)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (277)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (25)
11月 (19)

アクセスカウンタ
今日:1,089
昨日:3,211
累計:3,053,798