言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2012/05

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2012年05月30日(Wed)▲ページの先頭へ
<いない>

どうしてこんなにサビしいんだろう、君がいないだけで。
どうしてこんなにも静かなんだろう、君のいない部屋が。
どうしていつまでも思い出すんだろう、君がいない世界で。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月29日(Tue)▲ページの先頭へ
<書き出し>

・お元気ですか? あなたの疳の虫は。
・Hello,are you happy today?
・前略、この間、君はまるで○○のような顔をしてましたね。
・あなた、ご機嫌はいかが?なんてね。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月28日(Mon)▲ページの先頭へ
<改>

・君は何度でも悔い改めることができる。
・貴方は日々改良されてきた。
・貴方の人生で保証されているのは、新たな○○で過ちを改めることです。
・この日はアナタ自身が改訂版を出す日だそうだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月25日(Fri)▲ページの先頭へ
<ウワサの耳>

A:「君は地獄耳の持ち主だと聞いてるけど。」
B:「まぁね。君のウワサも耳に入ってるよ。」
A:「どんな?」
B:「君が天国耳だってこと。」
A:「君はどうなの?」
C:「何のこと?」
B:「彼のは馬の耳。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月24日(Thu)▲ページの先頭へ
<錯覚>

・面白くなくてもいけないし、面白がっていてもいけない貴方の錯覚。
・利口なやつほど単純な錯覚に気づかないことに気づく貴方。
・全ての錯覚は貴方が救われるために用意されていることを知る。
・あんたねぇ、金がもっとあれば幸せになれるなんてのは、まったくの錯覚なんだよ。
 実際、金が手に入ったのに幸せになれなかった時にゃ、一体どーすんだよ、あんた。
・あのとき錯覚しなかったら・・・と、あなたはいまだに錯覚する。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月22日(Tue)▲ページの先頭へ
<タワーとツリー>
A:「高さでは君にかなわないけど、まだまだ頑張らないとね。」
B:「無理しない方がいいんじゃないの。」
A:「僕の方が1脚多いから、地にアシがついてるってことさ。」
B:「僕の方は当分の間アシが出ることはないと思うよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月21日(Mon)▲ページの先頭へ
<太陽と月と地球>

A:「僕が君に食われるのを日食という。」
B:「わたしが君に食われるのを月食と呼んでる。」
C:「僕の場合、誰に食われるの?」
A,B:「勿論、人間たちにだ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月19日(Sat)▲ページの先頭へ
<合理>


・合理的に生きたいのなら、
 あなたの中の不合理をゴミ箱に捨てればいいだけ。
 でも、それまで不合理が居座っていた場所が暗闇になると、
 あなたのココロは○○を寂しがるに違いない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月16日(Wed)▲ページの先頭へ
<宇宙人>

A:「君は宇宙人の存在をどう思う?」
B:「地球人以外の宇宙人ってこと?」
A:「勿論。僕は信じてないけど。」
B:「僕は外見的には地球人だけど、
   自分が宇宙人だという感覚をもってる。
   僕自身は、僕の知っている宇宙の中心にいるから。」
A:「それって、自己宙人の感性でしょう。」
B:「では、君は自分が宇宙の端っこにいると思って毎日暮らしてるの?」
A:「僕は社会の片隅で生きてると思ってるだけさ。」
B:「それなら問題ないね。社会の中心が何処にあるかなんて誰も知らないから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月14日(Mon)▲ページの先頭へ
<単純>

・あなたは単純なものを美しいと感じるくせに、単純なものをバカにする。
・単純さだけが、あなたの取り柄であった頃を懐かしむ。
・単純に理解できないものは、あなたの役に立ちそうもない。
・あなたは単純な道をただ歩いてゆく、振り返りもせずに。
・利口なやつほど単純な○○に気づかないことに気づく貴方。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月13日(Sun)▲ページの先頭へ
<理想と現実>

A:「君はどうして人間たちのそばにいつも居るの?」
B:「理由はよく分からないけど、
   僕の周りには人間が集まってくるんだ。
   ところで、君は何故高い所から僕らを見てるの?」
A:「本当はそっちに行きたいんだ。でも僕が君の方に近づくと人間たちは逃げてしまうから、こうやって遠くから眺めてるのさ。」
B:「そうだったのか。僕はてっきり君が僕のことを嫌いなのかと思ってたよ。」
A:「そういう訳じゃないんだけど、僕の方が君よりも人間に好かれる時代になると、君が寂しい思いをするんじゃないかという気がして。」
B:「僕が君よりも人間に好かれているなんてことはないよ。彼らは君に近づくのを恐れているだけさ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月12日(Sat)▲ページの先頭へ
<じゃんけん>

A,B,C:「じゃんけんぽん!」
A:「僕はグーだ。」
B:「パー。」
A:「君のその親指と人差し指を開いた形は何!」
C:「チョキ。」
B:「君はウケを狙ってるわけ?」
C:「ちがうよ。」
A:「じゃ、それ何?」
C:「これは野球拳の元祖ジローさんに教わった正統派の形だよ。」
B:「小指が開いてないよ。」
C:「その場合には、親指を開いちゃいけないんだ。」
A:「なんだか、ややこしいことになっちまった。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月11日(Fri)▲ページの先頭へ
<質>
A:「昨日からブログ始めたんだ。」
B:「君が?」
A:「そう。」
B:「で、アクセス人数は?」
A:「1人。」
B:「たった1人! もしかして君自身の数じゃないの?」
A:「違うと思うよ。」
B:「1人だけじゃ、すこしサビしいね。」
A:「いや、1人いれば十分さ。」
B:「そんなもんかな。」
A:「量よりも質だよ。」
B:「何の質?」
A:「モチロン、自己満足の質。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<誤解>
・一生に亘って、あなたを誤解しないようにと思う。
・誤解しようにも、誤解しようのない貴方。
・貴方は今、不幸でなければ幸せであると誤解する。
・ココロの奥底に触れた瞬間に初めて貴方は誤解に気づくのです。
・人生は貴方が何を自らの益として誤解するかによって変る。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月10日(Thu)▲ページの先頭へ
<真実>

・貴方が真実を話すとき、そのコトバによって歪められる。
・あなたの心の信じるものが真実である。
・真実はあなたに多くを語らないことが多い。
・○○だけは、あなたに真実を告げる。
・全ての真実は貴方が救われるために用意されていることを知る。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月09日(Wed)▲ページの先頭へ
<生き物>

・社会の中で育つことで、貴方はヒトという生き物から人間になります。
・ヒトは悲しい生き物であるという貴方でさえ、その悲しみを忘れる瞬間がある。
・貴方によると、人は○○のコトバを欲しがる生き物らしい。
・あなたは現実に追われてアクセクする生き物である。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月08日(Tue)▲ページの先頭へ
<知っている>

・あなたはあなたであって、
 あなた以外のなにものでもなく、
 あなたにはあなたしか分からないことがあるってのを知っているのは、
 あなただけなのですから。

P.S. 何? 当たり前のことを書くなだって?

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月07日(Mon)▲ページの先頭へ
<新品>
A:「君が新品の楽器を買ったって聞いたけど。」
B:「そう、これだよ。表面板は50年ものの木で出来てて、ネックは30年ものさ。」

A:「なんだ、新しいのは弦と糸巻きだけで、あとは中古か。」
B:「君はこの楽器が、1年かそこらの木で作れるとでも思ってるの?」
A:「君が弾いてる曲も古いから丁度合ってるよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月06日(Sun)▲ページの先頭へ
<批評>

・あなたはコトバを使わずに無言で批評する訳にはいかない。
・他人の批評など、あなたは全く気にすることはない。
・あなたは批評のための批評を何故繰り返すのですか。
・批評されるほどの○○を持ってはいないという貴方がいる。
・あなたはバカにされる方が、批評されるよりもマシだといっていた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月05日(Sat)▲ページの先頭へ
<報酬>

・子供の笑顔があなたへの何よりの報酬に違いない。
・貴方の受け取る報酬は、金銭だけとは限らないのです。
・報酬を求めるだけなら、あなたでなくてもいいのではないか。
・この世の中に報酬がなかったなら、
 または、報酬が○○に換えられないとしたら、
 あなたは何もすることがなくなるのでしょうか?

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月04日(Fri)▲ページの先頭へ
<ひな菊の束>

A:「窓辺に置かれた花瓶の切り花はひな菊で、画家は娘のマルグリットを描いたらしい。」
B:「この花はひな菊ではなくて、野菊だと言われている。」
A:「そんなことはどうでもいいさ。野辺に咲いていた花をとってきて青い花瓶に無造作に生けてあるのを描いたってことが画期的だよ。君はそう思わない?」
B:「どうして?」
A:「高価な生け花や珍しい花を描いたワザとらしい絵なら、いくらでもあるってことさ。」
B:「花の形が不揃いで茎なんかも折れ曲がっているのを、そのまま描いてるのがいいね。」
A:「僕は、窓の桟に彫ったように描かれている画家のサインが気に入ってる。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2012年05月02日(Wed)▲ページの先頭へ
<本と書>

A:漫画本 B:教科書 C:エロ本

A:「僕の場合、読むと頭が悪くなるって言われた時代があったんだぜ。
   君らが羨ましいよ。」
B:「読んでる人が多い割りには、僕が誰かの愛読書になることはないんだ。」
C:「俺だって、ベストセラーになることはまずないさ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年5月
   
   

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (164)
3月 (5)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (22)
2011年 (241)
1月 (26)
2月 (13)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (21)
9月 (17)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (19)
2012年 (255)
1月 (28)
2月 (20)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (23)
11月 (22)
12月 (20)
2013年 (277)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (22)
11月 (27)
12月 (26)
2014年 (280)
1月 (23)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (25)
2015年 (256)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (20)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (290)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (27)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (17)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (277)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (25)
11月 (19)

アクセスカウンタ
今日:1,040
昨日:3,211
累計:3,053,749