言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2013

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2013年12月31日(Tue)▲ページの先頭へ
<自身>
・すぐれた精神から生まれたものだけが、あなた自身の喜びを与えてくれる。
・○○があなた自身に気づく機会をもたらすのです。
・あなたという存在を知る者は、
  あなた自身なのですから。


<今日>

・今日まで貴方を導いてきた力は明日もまた貴方を導いてくれるさ。
・今日のあなたはコトバにならないことばかり。
・あなたの今日の50円は、苦しんでいる子供1人を笑顔に変える力となるのです。
・今日のあなたは、○○とこある。
・あなたは新しい命を今日から踏み出す。


2013年12月29日(Sun)▲ページの先頭へ
<進>
・さぁ、貴方がたに一杯進ぜよう。
・天意に従うなら、そなたの進むべき道は開かれる。
・あなたが猿から進化したのか、退化したのかは知りません。
・利便性が貴方の進む道に幸せをもたらしてくれるという保証はない。
・進路は続くよ、どこまでも、あなたの先に。


2013年12月28日(Sat)▲ページの先頭へ
<マッチング>
(I群)
・この世にカネほど面白いものもそうないが、
・成す術もなく日が暮れた後で、
・老いが不自然であるならば、
・気持ちが一体になったとき、
・貴方は自然の一部であり、

(II群)
・そなたの哀しみはひとしおであろう。
・自然は貴方の一部である。
・貴方は人の色が1つになることを知る。
・あなたにとって性質の悪いものもない。
・貴方は自分自身に気づく。


2013年12月27日(Fri)▲ページの先頭へ
<もしもし>
・もしもし、カミよ、カミさんよ。
 ワタシのうちでアナタほど、
 肩身の広い者はない。
 どうしてそんなに広いのか。


2013年12月26日(Thu)▲ページの先頭へ
<めると>
・目覚めると、あなたの世界は変っている。
・自分を責めるとき、あなたは何処かに○○○を隠し持っている。
・消極的だった君のココロに炎が見え始めるとき。
・戦の終わりとともに貴方の夢は醒めるという。


2013年12月24日(Tue)▲ページの先頭へ
<家>
・わたしん家は、あなたと違って神様がいません。
 だけど、クリスマスにはサンタクロースが忘れずにやってくるのよ。


2013年12月23日(Mon)▲ページの先頭へ
<れば>
・そなたが苦を捨てれば、楽もいっしょに捨てることになろう。
・貴方のその口で愛していると伝えなければ愛の色は薄まってゆくという。
・あなたはただ、大きな○を込めて小さいことをすればいい。
・止まらなければ、あなたはそこに近づける。


2013年12月22日(Sun)▲ページの先頭へ
<年の瀬>
・A:「どうしてうちにはサンタさんが来ないの?」
 B:「うちは代々仏教徒だから。」
 A:「じゃ、僕の代からキリスト教にするよ。」
 B:「何いってるの!
    あなたの都合だけでそう簡単に世の中は変わらないのよ。
    それに、この国で恵まれない子供達にプレゼントをもって来てくれるのは伊達直人だけ。」
 A:「どうして?」
 B:「世間の人たちは、ろくでもないニュースをさんざん聞かされてるから、
    年の瀬くらいはココロ温まる話があることを期待してるワケ。」
 A:「だったら、仏教徒の家にもサンタさんが来てくれるようにメールしておこう。」
 B:「サンタのメールアドレスを知ってるの?」
 A:「うん、となりの子から教えてもらった。
    酔っぱらいのサンタさんなら、入る家を間違えるかも知れないから。」


2013年12月21日(Sat)▲ページの先頭へ
<見える>
・この東京タワーから見えるミニチュアの世界には、
 あなたとの○○○がある。
・君にとって近道に見える場合、たいてい遠回りである。
・そなたは見えるものを見ず、見えないものを見たがる。
・貴方にとって信ずることは簡単そうに見えるが、
 誰かを信じることは困難を極める。


2013年12月20日(Fri)▲ページの先頭へ
<気ない>
・何気ない貴方の嬉しそうな笑顔。
・味気ない人生に胡椒をふりかける貴方。
・そなたが元気ないのなら、
 陽気のコトバを進ぜよう。
・幼気ないのは、確かにあなたが○○の頃だったと思う。


2013年12月19日(Thu)▲ページの先頭へ
<こな>
・粉々になった貴方のココロは、
 粉雪のように降り積もっていくが、
  いずれは融けてしまうのだろう。
・あなたの求めている答えはそう簡単に出てこないってこと。
・こないだの君は、今の君とは全くの別人だった。
・貴方は、○○を剥がしては白粉子をふりかけていたと語った。


2013年12月18日(Wed)▲ページの先頭へ
<履歴書>
・A:「専門職と書いてありますが、あなたは何が専門ですか?」
 B:「日雇い労働です。」
 A:「へぇー、どんな仕事でもこなせるんですか?」
 B:「ええ、ひと通りやって来ましたから。」


2013年12月16日(Mon)▲ページの先頭へ
<必ず>
・○は怖れるものではなく、あなたのところに必ず訪れるものです。
・便利さは、必ずしも貴方を幸福へ導くとは限らない。
・必ず実現したいものだけを、あなたは見つめているのです。
・希望と行動さえあれば、君は必ずそこに辿り着けるだろう。


2013年12月15日(Sun)▲ページの先頭へ
<の間>
・この世は天と地との間にあって、
 あなたが忙しなく生きていく世界であり、
 束の間の安らぎと多くの労苦を味わうところなのでしょうか。


2013年12月13日(Fri)▲ページの先頭へ
<今の>
・あなたが生きていてくれさえすればいい。
 その希望だけが、今のわたしに生きる力を与えてくれるのだから。
・誰が今のアナタに○するであろうか。
・いのちとは、貴方に与えられた時間、今のこの瞬間。
・幸せな気持ちの全てが今のあなたに届きますように。


2013年12月12日(Thu)▲ページの先頭へ
<並み>
・あなたが人並みの生き方をしようとすると、
 憂さも辛さも実感するものだ。
・月並みのコトバでいえば、あなたは倭人である。
・並みたいていのことでは、そなたを○○できそうもない。


2013年12月10日(Tue)▲ページの先頭へ
<存在者>
|あ|み|か|と|う |わ|た|し|か|な|い|ち|
|い|な|つ|か|し|い|の|か|あ|い|し|か|
|し|た|た|か|な|わ|ぬ|ゆ|め|ん|こ|い|
|あ|り|が |と|う |い|か|こ|に|は|ら|う|
|い|ま|わ|し|い|り |と |さ|も|し|い |く |
|さ|か|さ |が|も|う |じ|き|ま|っ |て|る|
|れ|き|し|い|の|ま |そ|し|け|て|と |ひ|
|こ |そ|く|な|た|く |あ|ん|ず|る|い |も|
|う |ら|や|む|ら|は|ち|ぶ|ざ|い |ら|ち|
|べ|み|っ|り|ふ|ん|ぱ|ん|な|い|き|ん|
|な|ん|ぱ|じ|く |し |ね|し |か|く |し|し|
|ぴ|く |り |い|み|ん|ぎ|ん|い|よ|て|ゃ|


2013年12月09日(Mon)▲ページの先頭へ
<貪欲>
・あなたにとって貪欲は毒の1つである。
・ひんがよくても、そなたがどんよくではいけません。
・貪欲が君を連れて行く先には、金と色と名がある。
・貴方が貪欲になる必要がどこにあるのでしょうか。
・汚れに塗れた欲が貴方の貪欲なのかも。


2013年12月08日(Sun)▲ページの先頭へ
<誉め殺し>
・承認飢餓の貴方は、誉めて殺されるのが本望なのでしょうか。
・必要以上に誉められるより、バカにされた方がマシだという貴方。
・アナタは最大級の誉めコトバをかけた後で、捨て台詞を残していった。


2013年12月07日(Sat)▲ページの先頭へ
<住>
・君が何処に住まおうと知ったことではないが、
 人間は結局何処に住んでも同じことらしい。
・貴方というひとは、この大地に住むことを許されている。
・この国に住む人々の暮らしを守れる指導者の人数を貴方は知らない。
・地上に住む貴方を天はいつも○○っているのです。


2013年12月06日(Fri)▲ページの先頭へ
<忍耐>
・男と女が1つ屋根の下で暮らしていくってのは、そう容易なこっちゃねぇが、
 ナガ持ちさせるのに必要なものの1つは、あんたも良く知ってるはずだ。
 それにはよ〜、いまどきハヤらねぇ○○ってぇナメェが付けられてるそうだ。


2013年12月05日(Thu)▲ページの先頭へ
<帰国>
・A:「貴方のお子さんは、確か海外に住んでると伺いましたが。」
 B:「ええ、先月オーストラリアの学校を卒業しました。」
 A:「帰国子女ですか。」
 B:「・・・。」
 A:「クリスマスには戻ってくるでんしょ。楽しみですね。」
 B:「帰国しない子女なんです。」


2013年12月04日(Wed)▲ページの先頭へ
<くり>
・あせってみても、どうしょうもないなら、あんたもじっくりいこうよ。
・貴方のちゃぶ台はひっくり返さないで。
・君にもしっくりいくときもあれば、しゃっくりさえでないときもあるさ。
・○が笑うとひっくり返る貴方。
・ざっくり言ってしまえば、そなたの人生は1から始まってゼロで終わるんじゃ。
・栗の木が立っている場所に行けば、貴方は栗を発見するだろうと教えられ、
 栗の木が立っている場所に行ってみると、貴方はイガだけを発見する。


2013年12月03日(Tue)▲ページの先頭へ
<灰色>
・あなたの、黒でも白でもないグレーゾーン。
・突然の灰色の雲には、なす術もない貴方であった。
・君のココロの色を全て混ぜ合わせると灰色になるんじゃないでしょうか。
・おぬしの人生が灰色ならば、
 暗闇よりはまだマシだとは思わぬのか。


2013年12月02日(Mon)▲ページの先頭へ
<折>

・あなたは他人よりも数多くの挫折感を味わって来たワケですから。
・折角なので、あなたも折り畳まれたココロを少し開いてみてください。
・君は常に、運命という名の交渉人と折り合いをつけなければ前に進めなかった。
・折っても折っても貴方の○○は戻ろうとする。


2013年12月01日(Sun)▲ページの先頭へ
<真珠>
・A:「貴方がたは、神聖なものを犬に与えてはならないことを知っていますか?」
 B:「聞いたことがありません。」
 C:「知りませんが、なんとなく分かります。」
 A:「貴方がたの真珠を豚の前に投げてもいけません。」
 B:「豚は案外綺麗好きらしいので、真珠をゴミとして分別するかも知れません。」
 C:「真珠を人間たちの前に投げたら混乱を巻き起こすだけです。」


2013年11月30日(Sat)▲ページの先頭へ
<ツケ>
・A:「貴方がカルト教義を信じるのはラクかも知れませんが、
   そのツケはいずれ来ることになるでしょう。」
 B:「一生来なかったら?」
 A:「それは貴方が幸運だったということです。」
 B:「貴方は信ずるものが何もなくても平気なのですか?」
 A:「ええ、他にもツケは大分たまっておりますので。」


2013年11月29日(Fri)▲ページの先頭へ
<独占>
・幸せとは、あなたが独り占めするものというより、
 あなたが誰かと分かち合う類の代物です。
・病気になって初めて貴方自身の時を独占できた。
・君だけを独占することは、それほど簡単なことではありません。
・独占するほど、あなたにはそれが視えなくなってしまう。


2013年11月28日(Thu)▲ページの先頭へ
<派手>

・派手なことだけを、あなたは地道にやり続けるのですか?
・君には、派手に○○すべき道ができている。
・あなたはかつて自分自身が派手だったというけれど。
・今の貴方が派手な格好をしたとしても、人は気づいてはくれない。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全294件


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。


新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年12月
       

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (175)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (21)
7月 (17)
8月 (18)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (23)
2011年 (266)
1月 (26)
2月 (15)
3月 (24)
4月 (21)
5月 (23)
6月 (18)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (274)
1月 (28)
2月 (23)
3月 (20)
4月 (11)
5月 (24)
6月 (21)
7月 (28)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (23)
12月 (21)
2013年 (294)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (21)
4月 (26)
5月 (29)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (27)
10月 (25)
11月 (28)
12月 (27)
2014年 (294)
1月 (24)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (25)
10月 (27)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (273)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (26)
7月 (22)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (310)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (29)
6月 (27)
7月 (25)
8月 (25)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (22)
12月 (28)
2017年 (103)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (22)

アクセスカウンタ
今日:1,325
昨日:3,403
累計:2,350,124