言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2014/07

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2014年07月31日(Thu)▲ページの先頭へ
<ないなんて>
・アナタが救われないなんてことがあるものか。
・○がないと幸福になれないなんて言い訳は、君自身を欺いているにすぎない。
・全く不安がないなんてことになったら、貴方はさらに不安を感じる。
・運がないなんて思った瞬間から、
 貴方はその可能性を封じ込めることになるのだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月29日(Tue)▲ページの先頭へ
<うなぎ>
・今日の貴方は、うなぎの声に耳を傾ける。
・貴方は、うなぎと梅干を一緒に食べたことがない。
・ウナギでなくてウサギでも蒲焼にしてタレをつければ同じ味がすると思っているアナタ。
・君が所有しているカブの株価が鰻上りに高くなると、ウナギは迷惑する。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月28日(Mon)▲ページの先頭へ
<へそ>
・あなたの根源はへそにある。
・アダムとイブにへそがないことを知っている君。
・貴方のへそはないている。
・なるへそと、肯いている貴方と、
 へーそうなのと、言ってみる私。
 
A:「この国には昔からトラはいないけど、国民はトラの子が好きなんだよ。」
B:「それは別の意味じゃないの?」
A:「そこで、開発したのがこれ。」
B:「虎型ロボット?」
A:「商品名はトラッコ。君も1つどう?」
B:「何の役に立つの?」
A:「臍繰りを探してくれるんだ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月26日(Sat)▲ページの先頭へ
<錆>
・貴方の身から出る錆は、黒錆でしょうか、それとも赤錆でしょうか。
・錆びついたココロに、そなたは磨きをかける必要がある。
・貴方の錆ははその命運を知る。
・君の中の炎は錆が出ないほど○しいのです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月25日(Fri)▲ページの先頭へ
<深>
・そなたの欲が深すぎれば、その欲に負けるということじゃ。
・優しさの○○○は、あなたが思っているよりも深いのです。
・深みにはまるのは、あなただけでしょうか。
・あなた自身のより深い気持ちを知ったとき、
 それまでの○○から自由になることができる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月24日(Thu)▲ページの先頭へ
<与え>
・あなたは与えることにおいて何の抵抗もなく、
     奪い取ることにおいて抵抗を感ずる。
・喜びとは、あなたが誰かに何かを与えたときにもらうものです。
・君には人生の片道切符が与えられているだけ。
・与えられた人生が長いか短いかを決めるのは貴方自身。
・宗教と科学は貴方を悩ませるためにあるのではなく、
 あなたに○を与えるためにある。
・そなたは天から全てを与えられた存在なのだ。
・与えるとは、あなたに与えられたことなので御座いましょう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月23日(Wed)▲ページの先頭へ
<空っぽ>
・貴方は人生という空っぽのフクロに何がしかを詰め込んだ後、おいたままで往ってしまう。
・空っぽの中でさえ君は長い時間を過ごしてきた。
・空っぽのココロが感じたままに、貴方の思いを伝える。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月22日(Tue)▲ページの先頭へ
<通販>
・A:「君に植物を育てる趣味があったとは知らなかった。」
 B:「ここだけの話だけど、通販で手に入れたんだ。葉色がいい。」
 A:「もしかして、脱法ハーブ?」
 B:「まさか。」
 A:「最近、危険ドラッグっていう名まえがついたらしい。」
 B:「これは、そんな代物じゃなくて、ただのタイム草だよ。」
 A:「・・・。」
 B:「だいたい、安全なドラッグなんてものはないさ。」
 A:「そうかな?」
 B:「もしあるなら、無害なサプリメントとして既に売り出されてる筈だから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月21日(Mon)▲ページの先頭へ
<仰>
・真夏にそなたが仰ぎ見る灼熱の太陽は○い。
・信仰とは、苦悩から貴方を救い出すことです。
・その瞬間、貴方は両の手を合わせたまま、
 天を仰ぎ視る以外に術はなかった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月20日(Sun)▲ページの先頭へ
<泳>
・鯉の泳ぐ古里は、
 いつもの変わらぬ姿で、貴方を迎え入れる。
・黙っているのに、あなたの○は何故か泳いでいる。
・渦の中をただ泳ぎ回る貴方。
・○で君と一緒に泳ぐ哺乳類がいるか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月19日(Sat)▲ページの先頭へ
<くもり>
・A:「くもりとけむりの違いは何?」
 B:「目にしみるのがケムリ。」
 A:「くもりには陽がないけど、
    火のない所にけむりは立たない。」
 B:「大した違いはないね。
    君の話を聞いても、この気分は晴れないし、けむりに巻かれるだけだよ。」
 

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月16日(Wed)▲ページの先頭へ
<要求>
・権力はあなたを見せしめに要求する。
・いつも要求しないアンタが偉い!
・○○○ね、といわれて、あなたはそれ以上何を要求するのだろうか。
・あなた自身に要求するのは、そう容易なものではない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月15日(Tue)▲ページの先頭へ
<源氏>
・A:「蛍には源氏と平家がいるんだ。」
 B:「大きい方が源氏でしょ?」
 A:「何故か知ってる?」
 B:「昔から光る源氏っていうくらいだから、源氏の方がよく光るってことさ。」
 A:「・・・。」
 B:「ゲンジボタルのことなら、君よりもよく知ってるつもりさ。」
 A:「それじゃ、西日本の蛍と東日本の蛍とでは、どっちの方が発光周期が長い?」
 B:「簡単なことさ。東日本。」
 A:「どうして?」
 B:「西日本では周波数が60Hzで、東日本では50Hzだから。」
 A:「理由は滅茶苦茶だけど、答えは合ってる。
    西日本では約2秒で、東日本では約4秒らしいよ。」
 B:「僕の田舎では、3秒だったな。」
 A:「それは新種じゃないの?」
 B:「蛍の光は3拍子じゃないか。」
 A:「それは、「別れのワルツ」っていう曲だよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月14日(Mon)▲ページの先頭へ
<信用>
・決して信用を傷つけない貴方の人柄。
・今の君自身を信用できますか?
・この時を真剣に○○ることが、
 あなた自身を信用できるようになる方法の1つである。
・あなたの信用を得ることが必要だったのである。
・貴方はヒトを信用するより、
 コトバを信用する方が簡単です。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月13日(Sun)▲ページの先頭へ
<至高>
・あなたはいずれ、至高の本質を捉えることができるようになる。
・至高の瞬間はいつも貴方がくるのを待っている。
・もう君に至高の仮面は無用である。
・至高のコトバは貴方を煙に巻くものだ。
・苦悩を常に抱えたままで至高の食事を摂るよりも、
 貴方が愛する人と質素な食事をすることを願う。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月12日(Sat)▲ページの先頭へ
<ない(ある)こと>
・あなたが意味のないことに意味を見出そうとし、
      意味のあることに意味を見いだせないのは困ったことだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月11日(Fri)▲ページの先頭へ
<判>
・A:「例のSTAMP細胞の件はどうなってるの?」
 B:「それが、いろいろと利権が絡んでるみたいで・・・。」
 A:「前評判では、誰でも判で押すように作れるってことだけど。
    君の研究所の最終兵器だったんじゃないの?」
 B:「それをいうなら、最終自爆装置だよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月10日(Thu)▲ページの先頭へ
<所有>
・あなたは不○○の所有物ではない。
・豊かさとは、
 貴方ひとりが所有するものではなく、
 共有することによって得られるもの。
・所有への欲望が強すぎることは、貴方の持病のひとつである。
・あなたの命を所有しているのは、いったい誰なのでしょうか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月08日(Tue)▲ページの先頭へ
<置き>
・幸せは喜びをあなたのところへ連れてやってくるが、
 悲しみだけを置き去りにしていく場合が多い。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月07日(Mon)▲ページの先頭へ
<川>
・君のながす涙は川となって、海に合流する。
・貴方は天の川のなかに棲むものたちを知らないという。
・川の流れのように、そなたが流されぬように。
・川面に映る○○○の光が貴方の瞳の中で揺れていた。 

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月06日(Sun)▲ページの先頭へ
<きり>
・「いってきます。」と言ったきり、貴方は何処へ行ってしまったのか、帰っては来ない。
 もう、何十年も経つというのに。
・貴方が思いっきり駆け回っていた○は今どこに?
・あなたとは、もうこれっきりなのですか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月05日(Sat)▲ページの先頭へ
<越えて>
・あなたの哀しみを越えて遥か彼方に輝く星たち。
・君は坂道を越えて、さらにその先へと進む。
・あなたが諦めなければ、この○を乗り越えていける。
・アナタの中のカベをコトダマの力で越えて下さい。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月04日(Fri)▲ページの先頭へ
<生活>
・あなたの気取らない生活。
・生活は苦しくとも、貴方と同様、○○を求める人々がいる。
・あなたの生活の中に漂っている臭いを、他人はよく分かっている。
・君が心の趣くままに生活できることが何よりです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<覚め>
・あなたを目覚めさせる教えがある。
・酔い覚めの酒は、あなたには○である。
・朝日が昇れば、君も目が覚めない訳はない。
・恋の迷いから君が覚めるとき、恋は終わるという。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月02日(Wed)▲ページの先頭へ
<むしろ>
・あなたの人生の大半はソンをすることだという。
 むしろ、あなたがソンをしないのであれば、
  幸せは足早に遠ざかってしまうのだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年07月01日(Tue)▲ページの先頭へ
<前に>
・お前にはまだ絞れるほどの涙が残っている。
・○○とは、あなたの顔の前にあって見えないものの1つ。
・あなたも一人前になったと言えるときがくるだろう。
・奇蹟を信じる前に貴方がすべきことをやるだけ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。


新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2014年7月
   
   

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (180)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (14)
6月 (21)
7月 (18)
8月 (18)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (22)
12月 (24)
2011年 (268)
1月 (26)
2月 (15)
3月 (24)
4月 (21)
5月 (23)
6月 (18)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (24)
11月 (24)
12月 (22)
2012年 (278)
1月 (28)
2月 (23)
3月 (21)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (22)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (23)
12月 (21)
2013年 (296)
1月 (22)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (26)
5月 (29)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (27)
10月 (25)
11月 (28)
12月 (27)
2014年 (295)
1月 (24)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (21)
9月 (25)
10月 (27)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (275)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (24)
5月 (25)
6月 (26)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (311)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (29)
6月 (27)
7月 (25)
8月 (25)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (28)
2017年 (74)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (22)

アクセスカウンタ
今日:607
昨日:3,733
累計:2,237,489