言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2014/11

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2014年11月30日(Sun)▲ページの先頭へ
<降り>
・冷たい雨は降りやまず、
 そなたのココロに降り続く。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月28日(Fri)▲ページの先頭へ
<だいたい>
・だいたいやねぇ、
 キボーちゅうもんは、
 ヤミんなかにあるんとちゃうんか、あんさん。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月27日(Thu)▲ページの先頭へ
<未知>
・未知の地には、あなたの可能性が眠っている。
・死は未知であると考える貴方がいれば、
 生もまた未知であると考える貴方がいる。
・貴方がこれから進む道は未知に満ちている。
・未知との遭遇だけが貴方に予言できる唯一のものです。
・未知を知りたければ、貴方が未知に聞けばいい。
・君の本当の姿は隠れているのではなく、はかり知れない場所にあるだけ。
・教育者が教えてくれないことは、
 「あなたが今やっていることが何になるのか?」
  に対する満足のゆく答えである。
 それを知ることができるのは、未知数をもつ貴方だけだから。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月26日(Wed)▲ページの先頭へ
<恐竜>
・A:「君はバーターを知ってる?」
 B:「何それ?」
 A:「物やサービスの交換による取引のこと。」
 B:「大昔じゃあるまいし、今どき物々交換なんてする人がいるの?」
 A:「自由資本主義経済のグローバル化がこのまま進むとさらに格差が拡がって、少数の勝者と大多数の弱者の社会になってしまう。」
 B:「数匹の恐竜と、それ以外は全部トカゲってこと?」
 A:「トカゲにはトカゲなりのやり方があるってことさ。
   恐竜に対抗するために生き残りをかけてあみ出されたのがバーターシステムなんだ。」
 B:「全てをカネに換算して評価する社会が豊かさをもたらすとは限らないと思ってるよ。」
 A:「地域の活性化にも適している。元来、地域社会は物々交換で成り立っていたんだから。」
 B:「君はいつから取引を始めるの?」
 A:「国債が破たんする前だよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月24日(Mon)▲ページの先頭へ
<温かみ>
・あなたもココロの温かみを感じさせる人になってきたようですね。
・母さんが夜なべして貴方に編んでくれた手袋の温かみが格別である理由。
・A:「どうして、黄色いハンカチなの?」
 B:「あなたは気づかないの?」
 A:「何を?」
 B:「黄色には、温かみを感じるしょう?」
 A:「そうかな。」
 B:「お日様の光に含まれる色だから。」
 A:「赤でもいいんじゃない?」
 B:「それはあなたの体に流れるものの色よ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月22日(Sat)▲ページの先頭へ
<天国と地獄>
・あなたが天国にもっていくカネは嘲笑され、
     地獄にもっていくカネは略奪される。
・あなたにとってこの世が天国なら、あの世は地獄であり、
          この世が地獄なら、あの世は天国である。
・天国にしろ地獄にしろ、あなたには片道切符しかない。
・天国とは貴方の善のアバターが住む仮想空間であり、
 地獄とは貴方の悪そのものが住む現実空間かもしれない。
・天国へいく前に、貴方は地獄門をくぐりぬける必要がある。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月21日(Fri)▲ページの先頭へ
<つける>
・バカにつけるクスリができたら、私は使います。
 それで死んだととしても構いません。
 あなたは馬鹿なヤツだと思うでしょうが、最初のバカにはなれますから。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月20日(Thu)▲ページの先頭へ
<平文>
・A:「あなたは何を研究してるんですか?」
 B:「暗号です。」
 A:「どんな暗号ですか?」
 B:「これまでの暗号は、文字が全く違う記号などに変換されるので、暗号化されていることが直ぐに分かってしまいます。そこで、暗号化されていることが判らないように暗号化する方法を開発してるんです。」
 A:「具体的には、どんな方法ですか?」
 B:「例えば、暗号化前の平文を、
   「わたしは、明日渋谷であなたに会いたい。」であるとします。
   暗号文は、
   「あなたは、昨日恵比寿で私に会えなかった。」となります。」
 A:「確かに、この文が暗号化されているとは気づかないですね。」
 B:「変換の仕方は簡単で、「あなた」と「わたし」、「明日」と「昨日」などを入れ替えただけです。」
 A:「でも、これをメールで受け取った相手さえも暗号文であることに気付かないんじゃないですか。」
 B:「そこで、暗号文の前に、お互いに取り決めたキーワードを入れておけばいいんです。」
 A:「キーワードを忘れたらどうなるんですか?」
 B:「その場合には、いままでの話もいっしょに忘れてください。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月19日(Wed)▲ページの先頭へ
<見做す>
・キミはもう、人並み以下であると見做されることもない。
・あなたを○○と見做すのはやめにしましょう。
・意味がないと見做すことが、
 果たして貴方にとって意味のあることなのでしょうか?

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月18日(Tue)▲ページの先頭へ
<諦め>
・ただ○がないだけで、あなたは諦めるのですか。
・諦めないでください、君の∞の可能性を。
・あなたが目先のウサギを追いかけるのを諦めたとしても、何の問題もない。
 

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月17日(Mon)▲ページの先頭へ
<乾燥>
・アナタのココロが乾燥すると、他人との摩擦も多くなる。
・乾燥に触れた瞬間に貴方の中に稲妻が走る。
・乾けば、貴方の中にも火がつくさ。
・ご存知ですか? 無関心があなたの心を乾燥させています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月16日(Sun)▲ページの先頭へ
<染まる>

・綺麗と言われて、あなたは○色に染まる。
・この世に染まることだけでは、
 あなたはモノ足りないのだ。
・人々はそれを成功と讃えたが、
 あなたは栄光の脚色に染まることはなかった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月15日(Sat)▲ページの先頭へ
<本名>
A:「竜馬と龍馬は、どっちかホントの表記?」
B:「どっちも本名じゃないから、何ともいえないな。」
A:「君はりょうまの本名を知ってるの?」
B:「直柔だよ。名は体を表すってこと。」
A:「真っ直ぐで尚且つ柔軟か。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<王様>
・A:「これから王様にお会いしますので、これを被ってください。」
 B:「こんな状態では真っ暗で何も見えないじゃないですか。」
 A:「それと、このイヤホンを耳につけてください。」
 B:「どうしてですか?」
 A:「王様の声を聴くためです。」
 B:「直接声も聴けないんですか?」
 A:「あなたはご存知ないかもしれませんが、この国のシキタリですから。」
 B:「もしかして、この国の王様は裸の王様で、裸の声も聴けないんですかね。」
 A:「ええ、声はボイスチェンジャーで変えてあります。」
 B:「じゃ、どうやって王様だと判るんですか?」
 A:「簡単なことです。」
 B:「臭いとかですか?」
 A:「いいえ、この国の中で面会にここまで手間をかけるのは一人だけですから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月14日(Fri)▲ページの先頭へ
<いくら>
・貴方にとって言い訳など、いくらでも思い付くもの。
・貴方に○○が必要ならば、いくらでもおまけに付けてあげましょう。
・いくら待っても、貴方からまともなコトバは返っては来なかった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月13日(Thu)▲ページの先頭へ
<朗らか>
・貴方が朗らかに暮らしたいのなら、
 周りの人を幸せにすることです。
 より多くの喜びが幸福を連れて来るでしょう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月11日(Tue)▲ページの先頭へ
<ないか>
・あるかないか分からない世界を、あなたでさえ、もっている。
・不幸の数に比例して、あなたの幸福が遠ざかる訳でもないから。
・君が強くなれないのは、○○しさを捨てきれないからかも。
・君は、既に持ってるヒントに気付かないんじゃないか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月09日(Sun)▲ページの先頭へ
<巷>
・巷には初めから貴方以外の人はいなかったのかもしれない。
・巷では、あなたの知らない噂が飛び交う。
・あなたには幸せになって欲しいのです。
 なぜなら、巷には不幸の風が吹くまくっているから。
 それは嵐の一部かも知れません。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月07日(Fri)▲ページの先頭へ
<ないと>
・あの人に恋してもいいが、愛してはいけないと言われた貴方。
・財産がないと幸福になれないなんて言い訳は、
 君自身を欺いているにすぎない。
・後悔を二度と繰り返さないと心がける貴方。
・あなたもわたしと同じように、
 失ってからでないと、大切な○○に気付かないのですか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<席>
・誰かと1つおいて席に座る貴方。
・その空席をうめるのは、貴方しかいない。
・貴方は、どうして客席にいるばかりで、舞台に上がろうしないのか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月05日(Wed)▲ページの先頭へ
<細胞>
・君の形を成す細胞は、最初から備わっていたものだろうか?
・あなたが生きるということは、
 その細胞の1つ1つが生まれては死ぬということです。
・どうしても、貴方は○○細胞が欲しいのですね。
・君のことを愛する脳細胞の持ち主を探しているのですか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月04日(Tue)▲ページの先頭へ
<ホホ>
・オホホホ へへ ヘイ ヘイヤ!
 エオ オエ エア アエ エオ!
 ホウ ホウ オーイ オーエ!
 アンタ エンタ カンタ コンタ!  
 ヘイエ イエ ヘイエ ヒェーイ!

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月03日(Mon)▲ページの先頭へ
<頃を>
・不幸の数を嘆く貴方は、
 不幸せに憑りつかれる前に、
 幸せだった頃を思い出してください。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2014年11月01日(Sat)▲ページの先頭へ
<外食>
・A:「最近外食が多いので、太りやすくて。」
 B:「高カロリーになりがちだから。」
 A:「君はいつもうちに帰って内食だから、関係ないよね。」
 B:「いや、ここ3日間はうちで外食さ。」
 A:「どういうこと?」
 B:「うちの中が冷戦状態なんで、敷地内でキャンプ生活ってこと。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2014年11月
           
           

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (179)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (21)
7月 (18)
8月 (18)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (22)
12月 (24)
2011年 (267)
1月 (26)
2月 (15)
3月 (24)
4月 (21)
5月 (23)
6月 (18)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (277)
1月 (28)
2月 (23)
3月 (21)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (21)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (23)
12月 (21)
2013年 (295)
1月 (21)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (26)
5月 (29)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (27)
10月 (25)
11月 (28)
12月 (27)
2014年 (295)
1月 (24)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (21)
9月 (25)
10月 (27)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (274)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (26)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (311)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (29)
6月 (27)
7月 (25)
8月 (25)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (28)
2017年 (81)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)

アクセスカウンタ
今日:975
昨日:5,536
累計:2,265,813