言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2016/09

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2016年09月30日(Fri)▲ページの先頭へ
<海豚の島>
・あなたの知らない、この無人島にも、かつて人間が住んでおりました。
 島人たちはイルカをとても大切にしていたので、イルカの群れが来ると餌を与えたり、傷ついたイルカを助けたりしました。
 そういう関係が長く続いた結果、島人の中にはイルカのコトバを理解する者も現れたそうです。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
<しない>
・何もしないことだけが、貴方の救いとなる。
・貴方の大切な○は決して消えはしない。
・竹刀では勝負をしない貴方。
・あなたの全てを忘れはしない。
・貴方のそのコトバをさよならの代わりにしないで。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月29日(Thu)▲ページの先頭へ
<出来事>
・あなたの人生における全ての出来事が○○に起こらないために時間は流れるのだという。
・思いがけない出来事が貴方の周囲で起きていることを知る。
・哀しみの淵が如何に深く、喜びが束の間の出来事であったとしても、
 そなたは、現実という名の荒波を乗り越えて生きていかねばならぬ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月28日(Wed)▲ページの先頭へ
<無関係>
・自己矛盾がないここと、貴方の存在とは無関係である。
 むしろ、自己矛盾を感じる貴方が存在するのが、この世というものであろう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月27日(Tue)▲ページの先頭へ
<出す>
・○○みに出会う度に、あなたのことを思い出す。
・あなたの魂から突然に噴出するものがある。
・迷ったときや思い悩んでいるとき、
 傍に居てくれる人のコトバが貴方の生きる力を引き出す。
・そなたのココロに、コトダマの蘇りし光を見出すでありましょう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月26日(Mon)▲ページの先頭へ
<あなたへの生物学>
・貴方の細胞の1つ1つが生きる力を与えているから。
・あなたはその時間を何にでも使える遺伝子をもつ。
・君の脳は空想を実現する機械である。
・DNAは、(D)どうにでも(N)なる(A)あなた。
・君は命を受け継いで伝えていくに値します。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月25日(Sun)▲ページの先頭へ
<温室効果>
・C:「君らの一方と僕が組むと悪者扱いにされるんだ。」
 O:「僕が君と組むと二酸化炭素になるから。」
 H:「僕の場合、メタンだ。」
 C:「君らが組めば、水になるじゃないか。」
 O:「水の場合、人間たちは気にしないってこと。」
 C:「どういうことだよ。水蒸気は温室効果ガスじゃないか。
    海水温が上昇して大気中の水蒸気が増えると異常気象にもなる。」
 H:「君が加わると、話がややしこくなるね。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月24日(Sat)▲ページの先頭へ
<雨にぬれても>
・君のココロの中がどしゃぶりの雨でずぶ濡れになったとしても、
 それで終わりってわけじゃない。
 何もしたくなくなったとき、無理に何かをしようとするよりも、
 何もしない方がいい。
 雨はいつか止んで、雲が少しずつ消えていくと、光が射しこんでくる。
 それまでにはただ時間がかかるということ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月22日(Thu)▲ページの先頭へ
<個人差>
・A:「つばさをください。」
 B:「一翼5万円ですが、いくつにしますか?」
 A:「ふつう2つじゃないんですか?」
 B:「個人差がありますから。」
 A:「わたしの場合は?」
 B:「あなたのことは判りませんので、1翼でいいかも知れませんし、千翼でもダメかも知れません。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月21日(Wed)▲ページの先頭へ
<墓>
・貴方はその勘違いを墓までもっていくおつもりですか?
・○の浅はかさは、貴方によって人生を変えられると信じていることである。
・君の浅墓さは、墓という当て字に現れる。
・あなたたちは、お墓参りに一度いったきりである。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
<正当>
・あなた自身の立場だけを正当化しようとする主張からは何も生まれては来ません。
・○○だけが正当だなんて、貴方は思わなくていい。
・貴方の国の政府が行っていることが常に正当であるとは限らない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月18日(Sun)▲ページの先頭へ
<水道>
・○○とは、あなたが朝おきて飲む一杯の水道の水がウマイということ。
・この水の来た道を、あなたは知っているのだろうか。
・世界には水道のない地域があることを、あなたは想像してください。
・君が水道の蛇口を開けたままで歯磨きを1分間したとすると、○○リットルの水が無駄になる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月17日(Sat)▲ページの先頭へ
<売れる本を書くための条件>
・その1:貴方のつける本の値段が高すぎないこと。但し、0円では売れたことになりません。
・その2:この国の言語で貴方が本を書くこと。貴方が外国語で書いてから翻訳する場合、時間またはお金がかかります。
・その3:貴方ではなく、他人が面白いと思うものを書くこと。
・その4:最初から貴方が難しいものを書こうとしないこと。
・その5:実際に貴方が文章を書くこと。貴方は、自分に才能がないから書けないのではなく、書こうとしないから書けないだけです。
・その6:貴方は本の内容以外のことに拘らないこと。
・その7:貴方は文章力をつけてから書こうと思わないこと。
・その8:貴方は知人の評価を気にしないこと。
・その9:貴方が有名になってから本を出版すること。
・その10:最も重要なことは、貴方がこの世界に存在すること。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月16日(Fri)▲ページの先頭へ
<きのこ>
・あなたと初めて、あの森に行ったときのことをおぼえていますか?

・A:「今年も木ノ子の季節になったね。」
 B:「木に生えてくるから、木ノ子っていうけど、ホントーの子供じゃない。」
 A:「今年は、マツタケの出来がいいらしいよ。」
 B:「マツとタケという名まえが付いてるから縁起物としては高級品の部類に入るけど、僕はシイタケの方が美味しいと思うね。」
 A:「この季節になると、毎年のようにドク木野子のニュースが出る。何とかならないの?」
 B:「無毒の木ノ子には、よく似た毒キノコがあることが多いから注意しないと。
    それと、天ぷらにすると味が分かりに難くなるから気づかないんだ。」
 A:「何か見分ける方法はないのかな。」
 B:「相当の経験を積まないかぎり、そう簡単には見分けられないさ。」
 A:「臭いとかでは?」
 B:「人間の嗅覚は、視覚に比べると大分劣ってるから。」
 A:「木ノ子が鳴いてくれたら、耳で聞き分けられるんだけど、それは無理か。」
 B:「1つだけ識別する方法はある。」
 A:「どんな方法?」
 B:「あんまり人には知られたくないんだけど、君だけには教えるよ。」
 A:「もったいぶらないで、早く!」
 B:「君がひと口だけ食べてみることさ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月13日(Tue)▲ページの先頭へ
<目>
・「何故自分だけがこんな目に遭うのか?」
 「これまで、あなたが生きて来られたから。」
・貴方は心の目をもって生きる。
・目には目を、君には貴美を。
・目にもとまらぬ早業で貴方の心は奪われる。
・君の目にも並みだ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月11日(Sun)▲ページの先頭へ
<貧乏な詩人>
・A:「この人、服を着たままベッドで寝てるよ!」
 B:「貴方は知らないかも知れないけど、暖房のない時代は寒かったのよ。」
 A:「どうして、ストーブに火をつけないの?」
 B:「薪を買うお金がないのよ。」
 A:「ベッドの上にある傘は何のため?」
 B:「雨漏りをよけるためでしょうね。」
 A:「貧しいのに、絶望してるようには見えないね。」
 B:「不便な中でも、うまくやっていけることが大事なの。」
 A:「作った詩がどんなに売れたとしても、この人の暮らしは変わらないと思うよ。」 B:「では、貴方は売れる詩だけに価値があるとでも思っているの?」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月09日(Fri)▲ページの先頭へ
<必然>
・あなたの領域にはあなただけの必然がある。
・貴方が百万回やってみて同じ結果が出たなら、それは必然だろう。
 それほど気の長くない貴方が存在することもまた、必然である。
・○○を、貴方だけが必然と呼ぶ。
・あなたとの偶然の出逢いは、必然の別れとなってしまった。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月08日(Thu)▲ページの先頭へ
<道>
・下を向いていた君は今、前を向いて歩き出す。
・行く先は、貴方自身が知っている。
・道の真ん中で佇んでいた貴方の姿。
・あなたと一緒に歩いてきた道のり。

                ぐで         
・こ   生      真っ直  は       なたは
  れ で き   道が      な     あ  気付 
   ま   て た         かった  に   い 
        来               こと     ている。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月07日(Wed)▲ページの先頭へ
<虚像と実像>
・貴方は語ったコトバ通りに生きる。
・嫌いなら、あんたがはっきりそう言ってくれ!
・その光景を前に、君はコトバを失った。
・君は生み出すために生まれてきたのだ。
 君は信じ合うために生まれてきたのた。
・子供は貴方に真実を告げる。
・あなたの仮面はいつか暴かれる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月05日(Mon)▲ページの先頭へ
<襟巻き蜥蜴>
・A:「キミはもう、僕のことなど忘れてしまってるよね。」
 B:「憶えてるさ。」
 A:「今では、僕が襟巻きを外してパラシュートにして空から降りてきても、誰も見向きもしないんだ。」
 B:「でもいいじゃないか、君の仲間が人間のエジキにならずに済んでるんだから。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月04日(Sun)▲ページの先頭へ
<者>
・あなた未満でもなければ超えもしない存在者。
・貴方は他人を生かす者であり、他人は貴方を生かす者である。
・君も愚か者の栄光を味わうことができるさ。
・あなたは人生という芝居の共演者であって、観客ではない。
・貴方も愛されているうちに消えたいと願う者であろう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月03日(Sat)▲ページの先頭へ
<風と水>
・A:「風水というコトバを君は知ってる?」
 B:「聞いたことはあるけど、それって何?」
 A:「人間が気にするものの1つらしい。」
 B:「僕は全く気にしないけど。」
 A:「字では僕の方が先に来てるけど、君の字のつくコトバの方が多い気がする。」
 B:「でも、空気がないと人間は生きてられないと思ってるんじゃないかな。それに、君の方が僕より自由で、大抵は僕よりも上の方にいるから。」
 A:「僕が自由だって? トンデモない。
    僕は太陽からの熱で法則どおりに動いているだけだから、何の自由もないよ。」

 B:「その点は僕だって同じさ。」
 A:「だから、僕らがおとなしくしているときだけ、人間たちは有難がるんだ。」
 B:「環境が悪くなってきてるから、たまには大暴れしないとストレスも溜まっちゃうよ。」

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月02日(Fri)▲ページの先頭へ
<優先>
・自分優先の世の中で、アナタが優先されることなどない。
・あなたの信じる○が全てに優先する。
・あなたが優先席を譲られて、
 まだそんな歳ではないと思いつつ、
 まんざら悪い気もしないのに、素直に座れないとき。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2016年09月01日(Thu)▲ページの先頭へ
<直ちに>
・客観的事実を発見しただけで、あなたが直ちに幸せになるとは思われません。
・戦争や疫病、災害によって直ちにあなたの○○が崩壊することはないのだという。
・天才の生み出した数式が、果たして貴方にとって直ちに役立つものでしょうか。
・あなたは直ちに誰かのために生きる道を選ぶ。 

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2016年9月
       
 

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (171)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (19)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (23)
2011年 (251)
1月 (26)
2月 (14)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (23)
6月 (15)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (20)
2012年 (263)
1月 (28)
2月 (22)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (22)
7月 (23)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (22)
12月 (21)
2013年 (283)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (24)
5月 (27)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (24)
11月 (28)
12月 (26)
2014年 (289)
1月 (23)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (25)
8月 (19)
9月 (25)
10月 (25)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (265)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (23)
7月 (20)
8月 (20)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (299)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (19)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (185)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (23)

アクセスカウンタ
今日:508
昨日:3,587
累計:2,660,714