言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3 - 2018/01

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2018年01月17日(Wed)▲ページの先頭へ
<ココロのままに>
・あなたのココロのままに生きられたなら、どんなに素晴らしいことでしょう。
 しかし、あなたのココロのままに死ぬことはできないでしょう。
 だから、せめて、あなたの赴くままに歩き続けたいと思うのでしょう。


2018年01月16日(Tue)▲ページの先頭へ
<あなたへの動物学>
・ハイエナと禿げ鷹が、貴方の泣き声を聞きにやってくるから逃げろ!
・飛び方を蛙に教わったといった。貴方のそのこころは・・・。
・アナタが働かないアリ人間だなんて言った奴は誰だ!

・自分を狼だと思っていた。その貴方は周りが闇に包まれると恐ろしくなった。
・梟の知恵は貴方の直ぐ上に。
・みみずの心に魚心、君の中の○○。


2018年01月15日(Mon)▲ページの先頭へ
<蒸発>
・A:「あなたは世間を離れて、いったい何の研究をしているんですか?」
 B:「マイクロブラックホールを生成する研究です。」
 A:「そんなものを創って、大丈夫なんですか?」
 B:「ええ、すぐに蒸発しますから。」
 A:「それらが幾つも集まって合体したら、この星をのみこんでしまうんじゃないですか?」
 B:「その可能性がないとはいえませんね。」
 A:「そうなったら、どうするつもりですか?」
 B:「そのときには、この星に住む者たちの全ての悲しみは消えて無くなります。」
 A:「分かってるんですか? 人々の希望も全て無くなってしまうんですよ!」
 B:「それは知らなかった。この星に未だ希望が残っているとは・・・。」


2018年01月12日(Fri)▲ページの先頭へ
<愁しみ>
・あなたの愁しみをひとつ、わたしにください。
 そしたら、その愁しみを、そっと箱にしまっておいて、
      その愁しみが蛹から蝶へかえるとき、箱から逃がしてあげましょう。


2018年01月11日(Thu)▲ページの先頭へ
<見つける>
・あなたは探していないものから、見つけることができる。
・闇の中で出口を見つけるには、あなたが○を見出すことだ。
・貴方の神話を見つけるのは、私ではない。


2018年01月09日(Tue)▲ページの先頭へ
<かけら>
・あなたの中で眠っている忘却の欠片は、誘惑によって目覚める。
・悲しみの欠片などは、あなたの周りにいくらでもコロがっている。
・ミッキーマウスは君の猫に追いかけられる夢を見る。


2018年01月08日(Mon)▲ページの先頭へ
<成人>
A:「学生の頃、20才になったので成人映画をみようと思って映画館に行ったんだ。」
B:「僕にもそんなことがあったよ。」
A:「チケットを買おうと並んでたとき、前の人が「学生一枚」って言ってたので、「社会人一枚」って言ってしまった。」
B:「学生証を使わなかったの?」
A:「なんか気が引けてね。
   君はどう?」
B:「僕は今でも学割で買ってる。」


2018年01月07日(Sun)▲ページの先頭へ
<懸命>
・どうせなら、一所懸命に歳をとりたいと思う貴方。
・今日一日を懸命に生きた貴方なら、悔いはない筈。
・君は、懸命にやるのが賢明だというかもしれない。
・かつて懸命に輝いていたという記憶はいまも貴方に残っている。


2018年01月05日(Fri)▲ページの先頭へ
<最良>

・貴方は最良の結果に向かって落下する。
・○○は貴方を腐らせる最良の方法である。
・君にとって最悪が最良の反対とは限らない。


2018年01月04日(Thu)▲ページの先頭へ
<返す>
・飽きもせずに君は再び同じ○○○を繰り返すのですか。
・消えかけたトモシビはまた盛り返すことを知る貴方。
・あなたもよくご存じの通り、
 歴史は悪しきことを繰り返すことが多いので、
 良きことはかき消されてしまうのでしょう。


2018年01月03日(Wed)▲ページの先頭へ
<徳>
・あなたは損をして徳を積むことができる場合もある。
・欲深き悪徳は、あなたの○を知らず。
・人生法第1条第1項第1号の規定により、
 貴方は美徳を受けることができる。


2018年01月01日(Mon)▲ページの先頭へ
<犬>
・フランダースの犬、いつも貴方のそばに居る。
・犬も歩けば、君と出会う。
・遠くで貴方をポチが呼んでいる。
・君との喧嘩は犬も食わない。
・君だけでなく犬にも猫にも雨が降る。
・犬と同じ臭いのする貴方が好き、と言われた時の心理。


   


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2018年1月
 
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (160)
3月 (5)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (17)
7月 (15)
8月 (16)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (21)
2011年 (238)
1月 (26)
2月 (13)
3月 (21)
4月 (19)
5月 (20)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (21)
9月 (17)
10月 (21)
11月 (22)
12月 (19)
2012年 (253)
1月 (28)
2月 (20)
3月 (18)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (23)
11月 (21)
12月 (20)
2013年 (274)
1月 (20)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (22)
11月 (26)
12月 (25)
2014年 (275)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (24)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (23)
8月 (18)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (23)
12月 (24)
2015年 (253)
1月 (23)
2月 (19)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (21)
7月 (16)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (20)
11月 (23)
12月 (20)
2016年 (286)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (17)
11月 (21)
12月 (27)
2017年 (308)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (28)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (25)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (25)
11月 (27)
12月 (25)
2018年 (12)
1月 (12)

アクセスカウンタ
今日:1,777
昨日:3,047
累計:3,282,335