1文字

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2017年11月12日(Sun)▲ページの先頭へ
<時>
・時が貴方に味方する。
・その時々の貴方の輝きに魅せられる。
・心の感度を上げれば、あなたの時間を節約できる。
・君がその貴重な時間を死に金に換えずに済みますように。

・時間が貴方を裏切るだろうか?
・時間をかけずに君が手に入れるものは一瞬に消え去る。
・時間ですよ! と言われてハッとした君。
・時がこのまま止まったら、貴方を○○できるのに。
・時をかける少女に願いをかける貴方。
・時間泥棒にご用心! 君の時間が狙われる。


2017年11月04日(Sat)▲ページの先頭へ
<曇>
・あなたのよどみなきこころは、くもりなきたましいから。
・貴方のその心を曇らせたくはないから。
・世界を曇らせているのは貴方自身の○○かも知れない。
・曇天の山頂に登った貴方が期待する雲海。
・曇っても晴れても、君の顔には変わりない。
・今はもう貴方の心に苦もなく曇りなし。


2017年11月02日(Thu)▲ページの先頭へ
<傍>

・問題を解決できるヒトは、何故か貴方の傍には居ない。
 貴方の問題を解決できるのは、あなただけだから。


2017年11月01日(Wed)▲ページの先頭へ
<渋>
・渋いも甘いも、そなたが食わねば分からぬ。
・あなたと渋谷で会ったその日から。
・渋柿に当たる貴方に○○あれ!


2017年10月17日(Tue)▲ページの先頭へ
<神>
・あなたの神秘的な魂の輝き。
・無神経性胃炎と言われた君の困惑。
・貴方と犬神家との血縁関係。
・君の○を待つなんてことは、○神に任せておけばいい。
・貴方にも精神的な支えを求める時がくる。
・幸運の女神はいつも気まぐれだから、君に微笑むこともあるさ。


2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
<鏡>
・鏡に映った君は過去の姿。
・あなたは心の鏡を視る。
・貴方は鏡に向かって、
  アンタならできる!
  今日の貴方は最高!
  君に万歳!
  と口に出していう。


2017年09月13日(Wed)▲ページの先頭へ
<傷>
・あなたが受けたココロの○○は、体の傷よりも治り難いものです。
・人は傷つき、そして癒されることを望む。
 あなたもそのような人のひとりである。
・貴方の受けるコトバの傷は刀傷よりも深い。
・決して○○を傷つけない貴方の人柄。
・あなたと傷つけ合いたくはない。
・君の傷をなめてくれるのは、猫のザラザラした舌。
・それは貴方が傷つかなければ、得られないことかも。
・放射線被爆とは、
 貴方が無傷であっても、
 傷ついているということである。



2017年09月09日(Sat)▲ページの先頭へ
<九>
・A:「おめでとうございます。あなたは999人目の来館者です。」
 B:「え! 何?」
 A:「記念品をご用意しておりますので、どうぞお受け取り下さい。」
 C:「僕は1000人目だけど、何かないの?」
 A:「特にございません。当館はQ太郎屋敷ですから。」


2017年09月06日(Wed)▲ページの先頭へ
<紙>

・紙飛行機に乗せてあなたのココロを飛ばしてた頃。
・あなたの書くわたしへの○○に、わたしは登場しない。
・そなたの大切なものは、銀紙で包んでおきなさい。


2017年09月04日(Mon)▲ページの先頭へ
<宙>
・宇宙の中心はどうやら貴方自身の○○にあるようだ。
・どこにもっていけばいいのか、
 君の宙ぶらりんな気持ち。
・行きつくとこまで落ち込んだら貴方は宙に浮き上がるだけ。
・貴方は生まれる前、この宇宙に散らばっていた。


2017年08月20日(Sun)▲ページの先頭へ
<癒>
・○○に近づかねば、そなたの魂は癒されぬであろう。
・鵺の鳴く夜には、癒されぬ貴方のココロもソゾロ歩き。
・あなたを癒す言の葉は、そう多くありません。


2017年08月14日(Mon)▲ページの先頭へ
<泳>
・鯉の泳ぐ古里は、
 いつもの変わらぬ姿で、貴方を迎え入れる。
・黙っているのに、あなたの○は何故か泳いでいる。
・渦の中をただ泳ぎ回る貴方。
・○で君と一緒に泳ぐ哺乳類がいるか。


2017年08月10日(Thu)▲ページの先頭へ
<灰>
・A:「閣下、我が国は核兵器の放棄を宣言しておきながら、同盟国による核の傘の下で守られているという、この現状をどのように、お考えでしょうか?」
 B:「核の傘などでは、降ってくる死の灰に対して全く無力だ。
    よって、お前は核の雨が降らないように準備しておけ。」
 A:「どうすればよろしいでしょうか?」
 B:「我が国がこれから開発する、照る照る坊主を同盟国へ輸出する。」
 A:「照る照る??」
 B:「そうだ、同盟国の子供が大人になる前に洗脳するという作戦だ。」


2017年08月07日(Mon)▲ページの先頭へ
<書>
・書き留めないと、あなたの心はどんどん変わっていってしまう。
・書き伝えたいことは、
 貴方のためだけに生きた愚か者が一人いたということです。
・書いても書いても、時の流れとともに貴方の心から消えてしまう○○。
・A:「あなたも感じない? もの足りないのよ。」
 B:「何がですか?」
 A:「このブログには、何か生活に役立つことは書いてないの?」
 B:「では、微笑んでください。そしてお互いのための時間をできるだけつくってください。」


2017年08月04日(Fri)▲ページの先頭へ
<尚>
・死して尚、君の詩はよみ伝えられる。
・そなたの○は今尚、鮮やかなり。
・あなたの力を発揮するには時期尚早であろう。


2017年07月28日(Fri)▲ページの先頭へ
<蚊>
・いつぞやのことだったであろうか、
 そなたにモスキート音が聞こえぬようになったのは。
 寄る年波には抗し難く、蚊の羽音は聞こえども、
 そなたには見向きもせずに通り過ぎてゆくさまさえ、いとあわれなリ。


2017年07月17日(Mon)▲ページの先頭へ
<海>
・晴れた日、あなたのココロの青さは渚にきらめき、
 曇りの日、あなたのココロの灰色は水面に映し出され、
  嵐の日、あなたのココロの模様は波に呑みこまれる。 


2017年07月12日(Wed)▲ページの先頭へ
<流>
・のろくたっていいさ。君が流されなければ。
・アナタが信じさえすれば、この激流を渡リ切れるのです。
・君は流れに逆らってはいけないと教えられた。
・「流石、あなたね」と言われてみたい。
・貴方は同じ流氷に留まって漂流してはいられない。


2017年07月11日(Tue)▲ページの先頭へ
<旅>
・貴方の心の旅は未だ終わらない。
・貴方とふたりで旅をした日々。
・あなたの旅立ちを祝うとき。
・貴方は旅人かも知れない。
 北風:「おれの力でその服を吹き飛ばしてやろう。」
 旅人:「・・・」(必死に服を押さえる。)
 北風:「だめだ。君ならどうする?」
 南風:「熱い風を送ればいいのさ。」
 旅人:「?」(服を脱いで裸になる。)
 南風:「ぼくの勝ちだね。」
 旅人:「・・・」(熱中症で死亡。)
 北風:「殺人はルール違反だ!」


2017年06月13日(Tue)▲ページの先頭へ
<背>
・この現実からあなたは目を背けることはできないときている。
・そなたは何故そのような固い殻を背負っているのですか。
・君はその背中をみることなく、○○○ってしまうのだ。
・貴方の猫背を見て育つのは子猫だけです。
・国外へ一歩でも踏み出したとき、貴方は日本人のカンバンを背負っていることに気づく。


2017年06月07日(Wed)▲ページの先頭へ
<傘>
・傘の中には4人も入れないと思っている貴方。
・君には核の傘がない。
・傘がない貴方は、おうじ様かおじ様がくるまで雨宿り。
・あいあい傘が欲しいといって何処かに買いにいった貴方。
・雨が止むと、キミは何故か傘を1本よけいに持って帰ってくる。


2017年05月25日(Thu)▲ページの先頭へ
<気>
・いつも気になる貴方の姿。
・気付かない君の本心。
・強気と弱気は貴方の○○。
・そんなことなど君は気にもしなかった。
・貴方が気ままに生きてくれたら。
・お前の気持ちに気付くのが遅かった。
・本気で立ち向かっていったアナタ。


2017年05月12日(Fri)▲ページの先頭へ
<鳩>
・夢の中で一羽の鳩があなたに近づいてきた。
・あなたのためにたくさんの鳩を飛ばそう。
・伝書鳩が君への思いを懸命に運んでくる。
・貴方の○を狙って鳩の群れが襲ってくる。
・貴方がその鳩を放したんだよ。
・いつの頃からか、シルクハットの中からパッとハトが出ても
 ハッとしなくなったアナタ。


2017年05月11日(Thu)▲ページの先頭へ
<山>
・あなたが登る山には自分の足を使うことだ。
・ふるさとの山と川、今も貴方の目に優しく映る。
・あなたの見た山と、いつか見る山、そして登る山。
・近所の山奥で修行した貴方。


2017年04月24日(Mon)▲ページの先頭へ
<乳>
・お前は黙々と牛乳めしを食っていた。
・乳酸菌納豆を貴方も試してみたい?
・母乳に勝るものはないって、貴方は言うけれど。
・貴様、それでも哺乳類か!
・豆乳に入っていないのに乳糖アレルギーになったという君。


2017年04月21日(Fri)▲ページの先頭へ
<待>
・悩みは、あなたが解決してくれるのを待っている。
・そなたに授けられる知恵のひとつは、待つ事じゃな。
・あなたと違って、子供は明日まで待てない。
・虹の向こうには、あなたの知らない○が待っている。


2017年03月29日(Wed)▲ページの先頭へ
<光>
・その○しみは、貴方の愛したヒトの残した光の跡である。
・光った直後、急に闇が訪れて貴方は熱風の只中に残される。
・夏の光だけが貴方の証人となる。
・あの太陽は雲の上からでさえ、その光をあなたに降り注ぐ。
・あなたもまた希望の光を受ける人だ。
・闇の中で一人で闘って、光だけを追いかけていく貴方。
・コトダマの力をもつ○○○だけが、あなたのココロの闇の中で怪しく光る。


2017年03月27日(Mon)▲ページの先頭へ
<枠>
・貴方が決めた枠と、世間で決められた枠。
・枠から飛び出たとき、あなたにはもう、その枠は見えない。
・あなたは現実の枠の中だけで、果たして生きられるのですか。
・猫のように、ある枠から別の枠に転送される貴方。
・あなたの思いは、コトバの枠を超えた何かである。


2017年03月23日(Thu)▲ページの先頭へ
<倍>
・A:「いいニュースと悪いニュースをもってきたよ。どっちから話そうか?」
 B:「いい方から。」
 A:「君の給料が来月から2倍にアップする。」
 B:「!!  悪い方は?」
 A:「今月末から物価が3倍に上がるんだってさ。」


2017年03月13日(Mon)▲ページの先頭へ
<信>
・信じたいと願う貴方の心を信じる。
・発信へのあなたの返事。
・信じ切れないのが今のアナタ。
・機械のコトバを貴方は信じられるのか?
・最後まで信じると君はいう。
・悲しみが将来の貴方に生き甲斐をもたらすと信ずる。
・人の言の葉は信ずるに値すると、人ごとのように言う貴方。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全292件


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。


新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年11月
     
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (164)
3月 (5)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (22)
2011年 (243)
1月 (26)
2月 (13)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (21)
9月 (17)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (20)
2012年 (255)
1月 (28)
2月 (20)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (23)
11月 (22)
12月 (20)
2013年 (277)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (22)
11月 (27)
12月 (26)
2014年 (281)
1月 (23)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (25)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (25)
2015年 (256)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (20)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (290)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (27)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (17)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (273)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (25)
11月 (15)

アクセスカウンタ
今日:2,370
昨日:3,537
累計:3,039,669