2文字

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2017年07月22日(Sat)▲ページの先頭へ
<断面>
・A:「かき氷の容器の横断面は円形じゃなくて、星形をしてる。」
 B:「回り止めのためでしょ。」
 A:「それも一理あるけど、円筒よりも内容積を減らせるからだよ。」
 B:「君の、そのサモしい発想は何処から生まれてくるの?」
 A:「現実を生き抜く知恵からさ。」
 B:「君の現実は、どうしてそんなに世知辛いのかな。」


2017年07月21日(Fri)▲ページの先頭へ
<尊敬>
・あなたの恋愛が終わり、その人への尊敬が始まる。
・尊敬する人が多いほど、あなたの人生における視野は拡がる。
・貴方が尊敬すべき人を素直に尊敬できるのは仕合せだ。
・馬鹿にもされず、尊敬もされないものとして生きる貴方。
・尊ぶココロが、軽蔑への堕落から貴方を救済する。


2017年07月13日(Thu)▲ページの先頭へ
<臭い>
・「辛気臭いって、どんな臭い?」と訊かれた貴方。
・臭いものに蓋をする前に、あなたはそれを○○に入れなければならない。
・貴方にしみついた最低が、その臭いを発することになる。
・コトバの臭いを嗅ぎ分けられるという貴方。


2017年07月07日(Fri)▲ページの先頭へ
<七夕>
・A:「今日は何の日?」
 B:「君と僕が1年に1回だけ会える日だよ。」
 A:「去年、いつ会ったか憶えてないの?」
 B:「ああ、誰と会ったかも分からない。」
 A:「じゃ、今日は何の日?」
 B:「君と僕が1年に1回だけ会える日だよ。」
 A:「そのことだけは憶えてるの?」
 B:「ああ、君と初めて出会った日だからね。」
 A:「あなたはその時、誰と会ったの?」
 B:「誰と会ったのかは分からない。」
 A:「今日は七夕でしょう?」
 B:「ああ、君とまたいつか会えるかな。」


2017年07月04日(Tue)▲ページの先頭へ
<タダ>
・A:「これ、詩集です!」
 B:「君が書いたの?」
 A:「はい。」
 B:「いくら?」
 A:「無料です。」
 B:「どうして?」
 A:「売れませんから。」
 B:「詩集が売れないことくらい知ってるさ。」
 A:「よろしければ、どうぞ。」
 B:「タダというわけにはいかないから、連絡先を教えてくれない?」
 A:「何故ですか?」
 B:「読んでから値段をつけて送金するよ。」
 A:「では、最後の頁に書いてあるチビッコハウスに送金願います。」
 B:「なんだ、君も虎の穴出身か。」
 


2017年07月01日(Sat)▲ページの先頭へ
<回文>
・A:「こども、どこ?」
 B:「朝、いないさぁ。」
 A:「食欲よし?」
 B:「よう食うよ。」
 A:「あなたに似たなぁ。」


2017年06月30日(Fri)▲ページの先頭へ
<応募>
・A:「あなたの人生に大きな影響を与えたコトバと、簡単なエピソードを添えて御応募願います。」
 B:「それで、なにかいいことあるの?」
 A:「厳正な審査の結果、
10kortoまたは1darmaを差し上げます。」
 B:「そんなもの要らないんだけど。」
 A:「1darmaは30kortoに相当します。
   10kortoで、
   AtoBno対話 
   を差し上げます。また、
   40kortoで、
    かんじのないジショ
   を差し上げます。」
 B:「どっちも欲しくない。」
 A:「そのような方には、ワタシからアナタへの愛のコトバをお贈りいたします。」
 B:「キモいよ。」


2017年06月25日(Sun)▲ページの先頭へ
<差し>
・雨が降れば、貴方は傘を差し、
 雨が止むと、2本もって帰ってくる。
・指差し確認をした後で、
 確認したものを忘れる貴方。
・貴方の眼差しは、語る以上の○○を注いでいる。


2017年06月23日(Fri)▲ページの先頭へ
<誓い>
・あなたが誓ったことに関してわたしに罪はないのです。
・この地で貴方と誓い合ったコトバを忘れてはならない。
・誓いは、あなたとわたしを近い関係にする。
・俺はあなたと誓った○○を果たしてきた。


2017年06月22日(Thu)▲ページの先頭へ
<複雑>
・貴方の人間関係は複雑な糸で絡み合っているから、
 解きほぐすまでイライラする。
・そのような複雑なココロに貴方の○○は耐えられないのです。
・世界を曇らせているのは貴方自身の複雑さかも知れない。
・この世に貴方の悩みほど複雑なものがあるだろうか?
 しかも、それは他人からは単純なことのようにみえる。


2017年06月21日(Wed)▲ページの先頭へ
<虹>

        真っ赤な嘘と知り、あなたは真っ白。
  段々あなたは橙の数を数えなくなっていく。
           黄門さまはアナタの味方。
 その時、貴方は緑青が生えた銅像と化した。
           青色吐息と君の確定申告。
           藍より青し、あなたの想い。
           紫陽花と、○に佇む貴方の姿。

・七色の仮面をとれば、貴方の素顔。


2017年06月17日(Sat)▲ページの先頭へ
<語る>
・あなたという魂のひとつを、限られた枠の中だけで語ることはできない。
・君はコトバで語る世界を超えた存在そのもの。
・あなたが○○を語るときには、誰も信じてはくれないものです。


2017年06月12日(Mon)▲ページの先頭へ
<パン>
・破れたジーパンはみすぼらしいと、パッチを当ててもらった貴方。
・パンツいっちょで、のたうち回っていた貴方。
・君もアンパンマンを呼ぼう!
・パンダを初めて見て、目を白黒させてた貴方。
・さあ、君もピンポンパン体操で鍛えよう。
・貴方はパンだけでなく、コトバで生きる。


2017年06月07日(Wed)▲ページの先頭へ
<何人>

・A:「現在あなたのことを、あなたと呼ぶ人は何人いますか?」
 B:「3人です。」
 C:「5人だな。」
 D:「0人。」
 A:「では、これからはその数に1を足してください。」

 (10年後)
 A:「現在あなたのことを、あなたと呼ぶ人は何人いますか?」
 B:「4人です。」
 C:「6人だな。」
 D:「1人。」
 A:「では、これからはその数に10を足してください。」

 (20年後)
 A:「現在あなたのことを、あなたと呼ぶ人は何人いますか?」
 B:「24人です。」
 C:「26人だな。」
 D:「21人。」
 A:「10人多いようですが。」
 B,C,D:「前もって足しといたのです。」
 
 (40年後)
 A:「現在あなたのことを、あなたと呼ぶ人は何人いますか?」
 B:「1人です。」
 C:「1人だな。」
 D:「1人。」
 A:「それは誰ですか?」
 B,C,D:「あなただけです。」


2017年06月05日(Mon)▲ページの先頭へ
<基準>
・あなた自身を間違った基準で評価しないで欲しい。
・これまで、貴方はその基準を貫いて来たのだ。
・そなたの基準で変えられることなど、高が知れておる。
・あなたが基準を知らないことは問題ではない。


2017年06月03日(Sat)▲ページの先頭へ
<ご覧>
・ずっと闇の中にいると、あなたは光さえ見えなくなってしまいます。
 ですから、ほんの少しの光が差し込んできたときには、
  その方向を見つめてご覧なさい。


2017年06月02日(Fri)▲ページの先頭へ
<大金>
・おカネがあればシアワセになれるのは、
 お金がなかったときのアナタであって、
 大金を手に入れた後のアナタではない。


2017年06月01日(Thu)▲ページの先頭へ
<自身>
・あなた自身を超えるには、今のあなたをよく知る必要がある。
・すぐれた精神から生まれたものだけが、あなた自身の喜びを与えてくれる。
・○○があなた自身に気づく機会をもたらすのです。
・あなたという存在を知る者は、
  あなた自身なのですから。


2017年05月31日(Wed)▲ページの先頭へ
<衛星>
A:「我が国もロケットの開発を始めねばならない。」
B:「人工衛星の打ち上げですか?」
A:「ここだけの話として、君には言っておくが、探査衛星だ。」
B:「何を探査するのですか?」
A:「地球周辺の宇宙空間に散らばっているゴミだよ。」
B:「国連は打ち上げに反対すると思いますが。」
A:「どうしてだ?」
B:「またゴミが1つ増えるからです。」


2017年05月30日(Tue)▲ページの先頭へ
<中身>
・あなたにとって、モットモらしく聞こえるコトバに中身はないもの。
・面白くなくてもいけないし、面白がっていてもいけない貴方の中身。
・貴方にも、かつてその中身が輝いていたという記憶は残っている。
・コトバを知っていても、その中身を知ろうとしないヒトが多いと貴方はいう。
・その人の中身は、今のアナタにはみえないだけかも。


2017年05月26日(Fri)▲ページの先頭へ
<融通>
・A:「カネガネ思ってるんだけどさ・・・」
 B:「カネがねぇーんだろう!」
 A:「どうして判った?」
 B:「かねがねぇと思ってるといったから。」
 A:「そう、君はいつもお金がない!」
 B:「ヨケーなお世話だ。そんなこたぁ、お前に関係ねぇーだろ。」
 A:「いや、関係あるよ。」
 B:「何の関係だよ。」
 A:「もし君にお金があったら、僕に融通してくれるはずだ。」
 B:「そんなことはない!」
 A:「まったく、融通の利かない人だね。」


2017年05月23日(Tue)▲ページの先頭へ
<評価>
・あなた自身を、あるがままに正しく評価することは、そう容易ではない。

・つねに評価を気にするよりも、あなたの評価基準を変える方がいい。

・他人の評価ほど当てにならないことを、あなたは知っている。

・評価できないほど、あなたの○○は飛び抜けている。

・評価をあてにしとったら、あんさん、なんにもできまへんがな。


2017年05月19日(Fri)▲ページの先頭へ
<負担>
A:「戦争も原発もおんなじだ。」
B:「一部の人が利益を得て、残りはリスクを負うだけ。」
A:「原発の場合には、利益をあまり得ていない若い人たちが身体への影響を受け易い。」
B:「君はどうすればいいと思ってる?」
A:「アリの社会を見倣うべきだね。」
B:「アリは、若いうち内勤で、年をとると外勤になってリスクの高い仕事に回されるらしい。」
A:「アリの場合、原発の仕事を年寄りに背負ってもらうことになる。」
B:「そんなことしたら、ますます医療費が増えて、若者の負担が増えるだけだよ。」


2017年05月17日(Wed)▲ページの先頭へ
<真理>
・あなたが真理を語るときには、誰も信じてはくれないものです。
・止まらなければ、貴方は真理に近づける。
・君が真理に向き合わねば、なにも変わりはしない。
・あなたの確信する真理は哀しみに包まれている。
・だれかが真理を照らし出さない限り、
 明かりに集まる虫たちのように、あなた方は虚構に群がる。
・真理が、数多くの小さいウソから構成されるのではなく、
 ひとつの大ウソから構成されることを知ったという貴方。


2017年05月16日(Tue)▲ページの先頭へ
<鱈腹>
・A:「このデカイ蚊は何?」
 B:「ガガンボだよ。」
 A:「こんなのに血を吸われたら、貧血になっちまうよ。」
 B:「大丈夫、ガガンボは吸血虫じゃないから。」
 A:「ホントに?」
 B:「もし、この体の大きさで君の生血を鱈腹吸ったら、飛べなくなってしまうよ。」
 A:「ドラキュラもそうかな?」
 B:「その多くは小食だったらしい。この国では絶滅したんだ。」
 A:「どうして?」
 B:「感染症と、被吸血者の減少が原因さ。人工血液では栄養不足だから。」
 


2017年05月07日(Sun)▲ページの先頭へ
<無限>
・君はいつまでも無限に抵抗するつもりなのですか?
・有限の寿命をもつあなたの中に無限の可能性がある。
・あなたにとって有用なコトバの数は無限にない。


2017年05月06日(Sat)▲ページの先頭へ
<消化>
・生きるということは、
 現実の重圧に耐えることでも、
 現実から逃避することでもなく、
 そなたが現実を消化できないというなら、
 その賞味期限の短さを知ることになるであろう。


2017年05月05日(Fri)▲ページの先頭へ
<予期>
・昔々、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました。
 何故にお父さんとお母さんではないのかと、貴方は思うかもしれない。
 それはふたりが子宝に恵まれなかったということである。
 血縁のない子供が老夫婦のもとで成長して幸福をもたらすことを予期する貴方は、とても御目出度いヒトに違いない。


2017年05月04日(Thu)▲ページの先頭へ
<貴重>
・あなたの名前は、あなたがつけたものでないが故に貴重である。
・ただ嘆いていても、あなたの貴重な時間は失われていく。
・全ては天からの貴重な授かりものであり、
 もし、そなたがココロして受け取るのなら、そのお返しをせねばならぬ。
・貴方のもつ地味こそが、貴重なのです。


2017年05月03日(Wed)▲ページの先頭へ
<護り>
・あなたは憲法9条を守りたいのですか?
 それとも国を護りたいのですか?

・A:「地球連合の加盟国はすべて、憲法に戦力の放棄を規定しているんだ。」
 B:「各国は軍隊を持たず、平和維持軍に派兵するから、強力な軍隊になる。」
 A:「この星のどこかに再び独裁国家か発生して加盟国に攻めてきた場合、地球連合に要請すれば、平和維持軍がすぐに駆けつけて護ってくれる。」
 B:「加盟国ごとに防衛費をかけなくて済むから経済的でもあるよ。」
 A:「平和維持軍に逆らう奴はいないと思うけど、君はどう思う?」
 B:「問題は平和維持軍を動かす連中と指揮系統がマトモにできるかどうかだ。」
 A:「それは大丈夫さ。AI(人工知能)によって管理されてるから。」
 B:「使っているコンピュータは何?」
 A:「もちろん、IBMのHAL。」


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年7月
           
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (171)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (12)
6月 (19)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (23)
2011年 (251)
1月 (26)
2月 (14)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (23)
6月 (15)
7月 (25)
8月 (22)
9月 (20)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (20)
2012年 (264)
1月 (28)
2月 (22)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (22)
7月 (23)
8月 (23)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (23)
12月 (21)
2013年 (283)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (24)
5月 (27)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (24)
11月 (28)
12月 (26)
2014年 (291)
1月 (23)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (25)
10月 (26)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (266)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (24)
7月 (20)
8月 (20)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (300)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (26)
6月 (25)
7月 (24)
8月 (24)
9月 (24)
10月 (19)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (181)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (19)

アクセスカウンタ
今日:3,260
昨日:3,319
累計:2,646,327