ひらがな

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2017年11月21日(Tue)▲ページの先頭へ
<くま>
・ある日、森の中、くまさんと出会ったアナタは、
 スタコラサッサと逃げました。
 アナタが去った後で、くまの着ぐるみから出てきたプーさんは言いました。
 「あーこわかった。さっき走っていったヒトの中にはゾゾが入ってたんだよ。」

・酔っ払うと傷のついたレコードのようになる貴方は、あらくまさん。


2017年10月25日(Wed)▲ページの先頭へ
<だろう>
・貴方はシンプルに考えるほど、辺りが良く見えてくるだろう。
・この世に貴方の○○ほど複雑なものがあるだろうか?
・幸せなら、貴方は命のあたたかみを感じるだろう。
・世界の終わりに貴方が迎えられるだろう。

・悲しみがなかったら、あなたは人へのやさしさを知ることもなかっただろう。
 喜びがなかったら、あなたは誰かに生きる勇気を与えることもなかっただろう。
  悲しみと喜びが同時に、あなたを支配することもなかったのだろう。


2017年10月15日(Sun)▲ページの先頭へ
<ために>
・あなたのために、何をしたらいい?
 わたしのために、あなたは何もしなくていい。


2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
<間違い>
・あなたの間違いを仄めかしたのは、間違いでした。
・間違いは貴方のいたるところからやってくる。
・貴方はシンプルに考えるほど、間違いが良く見えてくる。
・あなたの間違いは指摘されるものであり、
 過ちはあなた自身が気づくものです。
・間違いを認めれば、あなたは一歩前に進める。


2017年09月20日(Wed)▲ページの先頭へ
<めでたい>
A:「今日はあなたの誕生日でしょ。おめでとう。」
B:「何がめでたいの?また1つ年寄りになるだけじゃない。」
A:「あなたは若い方がいい訳?」
B:「もちろん。」
A:「それじゃ、あなたは来年の誕生日のときよりも若いんだから、おめでたいじゃないの。」


2017年09月05日(Tue)▲ページの先頭へ
<とっても>
・褒めることは、貴方の脳にとってもよいのです。
・貴方にとっても○○は大切なものです。
・ふとってもあなたであることに変わりないけど、やせ我慢はできなくなる。
・貴方の気持ちがとってもありがたい。


2017年08月30日(Wed)▲ページの先頭へ
<ひょう>
・C:「あなたと一緒にいた人が行方不明になったんですが、何かご存知ですか?」
 B:「え! 一昨日の夕方に別れた後のことは分かりませんが。」
 C:「そうですか。」
 B:「何か事件にでも巻き込まれたんでしょうか?」
 C:「まだ調査中で何とも言えませんが、最近は夜中に魔物がうろついているので、
    あなたも気をつけて下さい。」
 B:「魔物?」
 C:「人肉の味を覚えたヒョウです。」


2017年08月16日(Wed)▲ページの先頭へ
<いつも>
・あなたのカナシミがいつも同じ場所にいるとは限らない。
・いつものように、あなたの○○の扉は開く。
・幸運の○○はいつも気まぐれだから、君に微笑むこともあるさ。


2017年08月01日(Tue)▲ページの先頭へ
<さかな>
・トビウオのように君は○を飛び跳ねていた。
・この皿の上の魚だって以前は貴方の知らない大海原で泳ぎ回っていたんだ。
・A:「どうして君はさかなよりも肉がすきなの?」
 B:「それは、生臭さかな。」

・あなたは鳥の羽音を聞いて空の高さを知り、
     魚の泳ぐ姿を見て海の深さを知る。

・A:「魚へんに君と書いて何て読むの?」
 B:「サカナくんでしょう。」
 A:「(ぎょぎょ)・・・」


2017年07月31日(Mon)▲ページの先頭へ
<すいか>
・暑中のアナタに必要な野菜。
・たたくと分かるのはあなたの頭の中ではなく、すいかの中身。
・スイカにとっての悲劇は砂浜の上で目隠しをして棒をもったアナタの餌食になることであり、喜劇はアナタによって演じられるということである。
・はまりやすいかどうかは、アナタを騙すのがたやすいかどうかによる。

・A:「赤いのと黄色いのがあるけど、どっちが好き?」
 B:「どっちでもいいけど、塩をかけないと美味しくないよ。きみはどう?」
 C:「種が入っていないとイマイチだね。」
 A:「どうして?」
 C:「種を飛ばしながら食べるのが醍醐味さ。」
 B:「そういうのがいたから種無しスイカが開発されたんだ。」


2017年07月18日(Tue)▲ページの先頭へ
<がまん>
・あなたの痩せ我慢はほんとうの我慢ではない。
・がまん大会で開始直前にトイレをガマンできずに走り去っていった貴方。
・あなたはまんがをがまんがまんがまん・・・するという。
・子:「その堪忍袋には何が入ってるの?」
 父:「永らく使っていなかったので、今は不発弾さ。」
 子:「今度は何を詰め込むの?」
 父:「そうさなぁ、雷ぐらいじゃ、お前には効き目が無いからなぁ。」


2017年06月21日(Wed)▲ページの先頭へ
<にわとり>
・こども :「あなたの祖先は空を飛んでたんでしょう?」
 にわとり:「ええ、そうよ。」
 こども :「どうして飛べなくなったの?」
 にわとり:「理由は知らない。貴方は知ってるの?」
 こども :「人間に飼いならされたからじゃないの?」


2017年06月18日(Sun)▲ページの先頭へ
<かば>
・親かば:「どうした、お前らしくないね。」
 子かば:「馬君と鹿君にからかわれたんだ。」
 親かば:「何て言われたんだ?」
 子かば:「逆立ちできないだろーって。」
 親かば:「この間、逆立ちできたじゃないか。」
 子かば:「ぼくが逆立ちしたら、何て言われるか分かってるでしょう。」
 親かば:「じゃ、そいつ等に話をつけてやる。」
 子かば:「かばってくれるのはありがたいけど、
      そんなことしたら、親バカって言われるじゃない。」
 親かば:「バカ親よりはマシさ。」


2017年06月16日(Fri)▲ページの先頭へ
<いえば>
・あなたとの違いといえば、わたしには何もないということなのだ。
・そういえば、君が何ものであるかを知らないことに気付く。
・あなたはどちらかといえば、神のいない領域に生きている。


2017年05月28日(Sun)▲ページの先頭へ
<ぬい>
・縫い傷には、貴方の痛い思い出が刻まれている。
・ぬいぐるみを精神安定剤代りに持ち歩いてたアナタ。
・1つ1つのココロの縫い目は、貴方の綻びを記憶している。
・手を抜いてると、キミの○○も抜けてくる。


2017年05月08日(Mon)▲ページの先頭へ
<みつからない>
・あなたにとって問題がみつからないということが問題である。
・個性的とは、あなたへの褒めコトバが見つからないときに使われる言の葉。
・真実は、あなたの目の前にあっても見つからないもの。


2017年04月14日(Fri)▲ページの先頭へ
<あたたか>
・貴方は生きているからこそ、あたたかい。
・天は貴方をあたたかく、時に厳しく見守って下さる。
・あなただけは、あたたかく見ていてくれた。
・あたたかい気持ちは、あたたかな貴方の眼差しから。
・幸せなら、貴方は○のあたたかみを感じるだろう。


2017年04月01日(Sat)▲ページの先頭へ
<うそ>
・あなたは自分にうそをついてもしょうがないのに。
・うそっぷ物語に真実を感じ取る貴方。
・人の間にいきる貴方がウソを好むのは分かりますが、
 貴方の周囲には○○の方が多いことをお忘れなきよう。
・うそつきは泥縄の始まりと知る君の経験。
・何故あなたは本当のことをうそのように告げたのか?
・生まれて初めてついたうそを思い出した貴方。
・そのウソがあなたへの○しさから出たものであることを告げたのは、
 あなたがそのウソに全く気づかなかったからです。


2017年03月20日(Mon)▲ページの先頭へ
<すばらしい>
・A:「あなたって、すばらしい。
    あなたって、いつでもすばらしい。
    あなたって、いつでもどこにいてもすばらしい。
    あなたって、いつでもどこにいてもなにをしてもすばらしい。
    あなたって、いつでもどこにいてもなにをしてもほんとうにすばらしい。
    あなたって、いつでもどこにいてもなにをしてもほんとうにこのうえなくすばらしい。
    あなたって、いつでもどこにいてもなにをしてもほんとうにこのうえなく・(中略)・すばらしい。

  こんなもんでどう?」
 B:「なんかすんばらしく長い。」

・あなたが他の人よりも長く生きられなくても、
 そして、あなたが他の誰からも認められず、
 いかに重い荷物をあなたが背負っていようとも、
 あなたとして生きられることがすばらしい。


2017年02月20日(Mon)▲ページの先頭へ
<とうふ>
A:「豆が腐ると書いてるけど、これって納豆のことじゃないの。」
B:「豆富と書いてあるのも見かけるよ。」
A:「いずれにしても、君はとうふのすごさを知らないようだ。」
B:「何がすごいの?」
A:「例えば、とうふを海面下1万メートルにもっていっても潰れない。」
B:「それで?」
A:「問題は、とうふを喜んで食べる生き物がいるかどうかだ。」
B:「いないとどうなるの?」
A:「腐るだけさ。」


2017年02月09日(Thu)▲ページの先頭へ
<いつまで>
・A:「あなたは長い間、占いを研究されてたそうですね。」
 B:「ええ、おそらく貴方よりは長く研究していると思います。」
 A:「では、私がこれからする質問に答えられますか?」
 B:「何でも大丈夫です。どうぞ。」
 A:「私はいつまで生きられますか?」
 B:「そりぁ、貴方が死ぬまでに決まってますよ。」
 A:「分かりました。では貴方はいつまで生きられますか?」
 B:「簡単ですよ。私が生きるのを止める時までです。」
 A:「貴方はいつ生きるのを止めるのですか?」
 B:「そのフンギリがつかないから、こうして生きてるわけです。
    私のことを信じようが信じまいが、いつかは神様が決着をつけて下さいますから心配要りません。」


2017年01月16日(Mon)▲ページの先頭へ
<じっと>
・無意味は、あなたが意味を見出すときまで、じっと待っている。

・じっと手相をみてから、あなたの○は騒ぎ出す。

・ハタラけどハタラけど君の暮らし楽にならず、じっと手の皺を読む。


2017年01月11日(Wed)▲ページの先頭へ
<呼吸>
・A:「何を書いているのかね?」
 B:「詩です。」
 A:「そんなものを書いて、いったい何になるのかね?」
 B:「では、お伺いしますが、あなたは呼吸をしていますが、いったい何になるんですか?」


2016年12月26日(Mon)▲ページの先頭へ
<もたらし>
・すぐれた○○から生まれたものだけが、あなた自身の喜びをもたらし、延いては社会のためにもなる。
・あなたに喜びをもたらしてくれる言の葉を今に思い出す。
・バカは最悪のタイミングで、あなたに怒りをもたらし、
 アホは最高のタイミングで、あなたに笑いをもたらす。
・あなたもたらしていた懐かしい青洟。
・理不尽な憤りは、あなたに○○をもたらし、
 不合理な感情は、あなたに気休めをもたらす。


2016年12月17日(Sat)▲ページの先頭へ
<もてなし>
・A:「閣下、隣国の要人たちを河豚料理でもてなした分に見合うほどの成果は得られませんでした。」
 B:「河豚で痺れさせてから交渉しようなんて、計画が姑息すぎたんだ。」
 A:「では、次回はどのようにいたしましょうか?」
 B:「そうだな、ハブにするか。」
 A:「その毒は強すぎるんじゃないでしょうか?
   それに匂いも強烈ですから、口にしないでしょう。」
 B:「いゃ、ハーブ茶につけるといいらしい。」
 A:「承知いたしました。」
 B:「まずは、お前で試してからだ。」


2016年12月13日(Tue)▲ページの先頭へ
<げに>
・悲しいときには、
 悲しげに笑い、
 
 どうしようもないときには、
 どうしようもなさげに笑い、
 
 楽しいときには、
 楽しげに笑っていた貴方。


2016年12月02日(Fri)▲ページの先頭へ
<にあって>
・あなたは幸福の中にあって不幸を思い出し、
     不幸の中にあって幸せだったことを思い出す。
・あなたは山頂にあってその高さを知り、
     谷底にあって空の高さを知る。
・あなたは失敗の中にあって成功の鍵を見つけ、
     成功の中にあって失敗の芽を摘みとる。
・あなたは人生の終わりにあって、人生の始まりを知らず、
     人生の始まりにあって、人生の終わりを知らない。
・あなたは悲しみのどん底にあって、喜びの瞬間を夢見、
     喜びの瞬間にあって、悲しみのどん底を忘れない。


2016年11月19日(Sat)▲ページの先頭へ
<ふれあい>
・ふれあいは、あなたとわたしの間の沈黙から既に始まっている。
・貴方にも精神的な触れ合いを求める時がくる。
・微かなふれあいさえ、貴方が救われるために用意されていることを知る。
・あなたのココロはいつでも、ふれあいの瞬間を予感する。


2016年11月13日(Sun)▲ページの先頭へ
<しょうか>
・恋するアナタは、何の夢を見るのでしょうか。
 恋するアナタは、何の音を聞くのでしょうか。
 恋しないワタシには、何もないのでしょうか。


2016年10月20日(Thu)▲ページの先頭へ
<ひとり>
・ひとりでに貴方のドアが開いたなら。
・あなたは、あなた方のひとりではない。
・貴方ひとりに○した日々。
・月夜の晩に、あなたはポツリ。
・アナタは今、一人でないことに気付く。
・人は誰もただひとり旅に出て、あなたと出会う。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全278件


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年11月
     
22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (164)
3月 (5)
4月 (16)
5月 (11)
6月 (17)
7月 (17)
8月 (17)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (22)
2011年 (241)
1月 (26)
2月 (13)
3月 (22)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (15)
7月 (24)
8月 (21)
9月 (17)
10月 (22)
11月 (22)
12月 (19)
2012年 (255)
1月 (28)
2月 (20)
3月 (19)
4月 (10)
5月 (22)
6月 (21)
7月 (23)
8月 (21)
9月 (26)
10月 (23)
11月 (22)
12月 (20)
2013年 (277)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (27)
10月 (22)
11月 (27)
12月 (26)
2014年 (280)
1月 (23)
2月 (24)
3月 (25)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (24)
8月 (18)
9月 (24)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (25)
2015年 (256)
1月 (23)
2月 (20)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (24)
6月 (22)
7月 (16)
8月 (20)
9月 (23)
10月 (20)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (290)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (27)
4月 (26)
5月 (26)
6月 (24)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (24)
10月 (17)
11月 (22)
12月 (27)
2017年 (277)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (27)
5月 (25)
6月 (29)
7月 (26)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (25)
11月 (19)

アクセスカウンタ
今日:954
昨日:3,211
累計:3,053,663