言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3/一覧

「ことだま」は時に、その力で人を救うことがあります。




2017年04月24日(Mon)▲ページの先頭へ
<乳>
・お前は黙々と牛乳めしを食っていた。
・乳酸菌納豆を貴方も試してみたい?
・母乳に勝るものはないって、貴方は言うけれど。
・貴様、それでも哺乳類か!
・豆乳に入っていないのに乳糖アレルギーになったという君。


2017年04月23日(Sun)▲ページの先頭へ
<正気>
・A:「貴方は、世間では”Mad Scientist”として知られていますが、
  いったい、どんな研究をしてるんですか?」
 B:「反物質を使った最終兵器だ。」
 A:「それは、どのくらいの威力があるんですか?」
 B:「地球を一瞬で破壊する力がある。」
 A:「そんなものを造ってどうするつもりですか?」
 B:「この最終兵器が完成したら、
   各国の首領に向けてワタシのメッセージを発信する。
  そのメッセージには、期限付きで核兵器の廃絶を達成しない場合、
  ワタシが最終兵器のスイッチを入れることが書かれている。」
 A:「正気ですか?」
 B:「君は、世界各国が核兵器を保有し続けることの方が正気だとでもいうのかね。」


2017年04月22日(Sat)▲ページの先頭へ
<TV>
・番組司会者はわざとらしく貴方に語りかける。
・幾度となく騙されても、またスイッチを入れる貴方。
・貴方がチャンネル権争いに死闘を繰り広げた時代は遠い。
・貴方はテレビに話しかけないで下さいと言われる。
・かつてチャンネルは回すものだったことを貴方は知らないかも。
・テレビの前の良い子の貴方は、決して真似をしないでください。


2017年04月21日(Fri)▲ページの先頭へ
<待>
・悩みは、あなたが解決してくれるのを待っている。
・そなたに授けられる知恵のひとつは、待つ事じゃな。
・あなたと違って、子供は明日まで待てない。
・虹の向こうには、あなたの知らない○が待っている。


<タバコ>
・二十歳になってやっと禁煙に成功した貴方。
・体に良くないと分かっていても君はつい手がのびてしまう。
・人の吐く煙には嫌悪する貴方。
・百害あって一利なしとまで言い切った君が、まさかのヘビースモーカー。
・ベッドでタバコを吸わないでと言われて、パイポを銜えてた貴方。
・禁煙中の君には過酷な受動喫煙。


2017年04月20日(Thu)▲ページの先頭へ
<知識>
・貴方は、その知識が役に立つことが分かったとき、初めてその有り難味を知ることになるのです。
・知識が多いからといって、それらが貴方の役に立つ保証はない。大半の知識は、それが貴方にとって何の役に立つかも分からない代物だから。
・知識を有効に使うには、あなたの知恵を必要とする。
・いつか、知識が幸せの種をあなたのところに運んでくるとでもいうのでしょうか?


2017年04月19日(Wed)▲ページの先頭へ
<症候群>
・A:「君の一流趣味は度が過ぎると思うんだけど。」
 B:「そうかな。」
 A:「そういうのをファーストクラス症候群っていうんだ。」
 B:「僕の場合、ファーストクラスの席でもエコノミークラス症候群になることがあるんだ。」


2017年04月18日(Tue)▲ページの先頭へ
<彷徨>
・あなたは、その時間の中で彷徨う旅人の一人に過ぎません。
・彷徨っているのは貴方の運命ではなく、貴方のココロなのです。
・あなたが風の街を彷徨えば、○○しい人を思い出す。
・貴方の口から彷徨い出ずる数々のコトバ。


2017年04月17日(Mon)▲ページの先頭へ
<身も蓋も>
・A:「若い頃はよく、お年寄りを敬いなさいと教えられたものだよ。」
 B:「それは今も同じですよ。」
 A:「自分が高齢になってみると尊敬などされていないことに気づくんだ。」
 B:「それは、あなたが尊敬されるようなことをして来なかったからでしょう。」
 A:「そう言われると身も蓋もない。」
 B:「僕は歳をとることがそう簡単ではないと思っています。」


2017年04月16日(Sun)▲ページの先頭へ
<カンバス>
・A:「希望とは、あなたのココロの中のカンバスに描く絵のようなものです。」
 B:「わたしにはそのようなカンバスは見当たりません。」
 A:「では、どこかで手に入れないと。」
 B:「どこで売ってるんですか?」
 A:「あなたは、それをお金で買えるとでも思ってるんですか?」
 B:「ええ。」
 A:「だとしたら、あなたはそのカンバスに向かっても何もココロに浮かんでは来ないでしょう。」
 B:「大丈夫、カンバスに書く絵は誰かに描いてもらうから。」

P.S. パンドラの箱の中に最後まで残っていたワザワイには、希望という名前が付けられていた。


2017年04月14日(Fri)▲ページの先頭へ
<あたたか>
・貴方は生きているからこそ、あたたかい。
・天は貴方をあたたかく、時に厳しく見守って下さる。
・あなただけは、あたたかく見ていてくれた。
・あたたかい気持ちは、あたたかな貴方の眼差しから。
・幸せなら、貴方は○のあたたかみを感じるだろう。


2017年04月12日(Wed)▲ページの先頭へ
<オルガニスト>
・ひとつひとつの音が、
 蚕の吐くイトのように建物を覆い尽くし、
 繭の中のアナタという幼虫に去来する○○


2017年04月10日(Mon)▲ページの先頭へ
<アナログ>
・A:「僕らの世代は、君らのようなデジタル世代とは違って、アナクロ人間が多い。」
 B:「それをいうなら、アナログ人間じゃないですか?」
 A:「どっちも同じようなものだ。」
 B:「・・・。」
 A:「さらに前のノラクロ世代は、もっと大変だったんだよ。」
 


2017年04月09日(Sun)▲ページの先頭へ
<空き地>
・まっさらな空き地を見つけたときの貴方は、
 そこに何が建っていたのか、おもい出せない。
・宇宙の中心はどうやら貴方自身の空き地にあるようだ。
・もしかすると、見たこともない空き地には初めから貴方以外の人はいなかったのかもしれない。


2017年04月08日(Sat)▲ページの先頭へ
<善し悪し>
・世間では善の反対が悪であるかのように思っているヒトもいるが、
 あなたにとって、
 善いの反対は善くないであり、
 悪いの反対は悪くないである。        


2017年04月07日(Fri)▲ページの先頭へ
<光速>
・A:「地球と太陽との距離はどれくらい?」
 B:「約一億五千万キロメートル。」
 A:「光速が秒速三十万キロメールだから、八分二十秒かかるのか。」
 B:「ソンナことより、君の眼に飛び込んできた光は、八分二十秒前には太陽にいたということだよ。」
 A:「それで?」
 B:「遥か彼方にある太陽の中心付近で起きた原子核反応のエネルギーが光となって、
    たった八分ちょっとの時間で地球に降り注ぎ、
    君の網膜上の原子を揺り動かしてその脳を刺激する、この素晴らしい現象を、世の中のヒトはアタリ前だと思いすぎているんじゃないのか。」
 A:「太陽が隠れてから夜空を見上げれば、もっとずっと遠い星から君の眼に光がやってくるんだから、別に不思議でもないけど。」


2017年04月06日(Thu)▲ページの先頭へ
<トマト>
・A:「生きるってのは、
    このトマトをただ食うこととはチガウんだ。」
 B:「どういうこと?」
 A:「トマトの青臭さをめいっぱい感じることさ。」
 B:「君はいい歳をして、未だそんな青臭いことを言っているのか。」


2017年04月04日(Tue)▲ページの先頭へ
<略奪>
・A:「君は古生物に詳しかったよね?」
 B:「ある程度の知識はあるけど。」
 A:「我々がこの星に移住する前、ヒトという奇妙な生き物がいたらしいね。」
 B:「そう。彼らは最初のうち食料の奪い合いで戦いを繰り返していたけど、
   細胞に葉緑体を組み込んで光合成ができるように自らを改良し、食料危機を乗り越えたんだ。」
 A:「日光浴だけで生きていけるということか。でも、それではウマくいかないな。」
 B:「あぁ、今度はCO2とH2Oの略奪が始まり、戦争が長引いたため、終には滅びてしまった。」
 A:「我々がもう少し早くこの星にやって来ていれば、絶滅危惧種に指定できたんだろうけど。」
 B:「いや、進化しない生物は指定の対象外なんだ。」


2017年04月03日(Mon)▲ページの先頭へ
<茶碗>
・A:「あなた、ご飯のあとにお茶碗にお茶を入れてすするの、止めてちょうだい!」
 B:「どうして?」
 A:「湯呑がないみたいで貧乏くさいから。」
 B:「茶碗にお茶を入れて呑むのが正当なやり方だ。
    茶碗にお茶以外のものを入れて食する方が邪道なんだ。」
 A:「今は邪道の方が主流で、あなたのやり方が邪道なのよ。」 
 B:「分かったよ。で、湯呑はどこにある?」
 A:「それは、今度の日曜日に陶芸教室であなたが自分で作るの。」


2017年04月02日(Sun)▲ページの先頭へ
<住人>
・理想の世界があったとして、
 あなたは理想に近づくことはできても、
 理想の世界の住人になることはできないであろう。


2017年04月01日(Sat)▲ページの先頭へ
<うそ>
・あなたは自分にうそをついてもしょうがないのに。
・うそっぷ物語に真実を感じ取る貴方。
・人の間にいきる貴方がウソを好むのは分かりますが、
 貴方の周囲には○○の方が多いことをお忘れなきよう。
・うそつきは泥縄の始まりと知る君の経験。
・何故あなたは本当のことをうそのように告げたのか?
・生まれて初めてついたうそを思い出した貴方。
・そのウソがあなたへの○しさから出たものであることを告げたのは、
 あなたがそのウソに全く気づかなかったからです。


<敢えて>
・A:「君には敢えていっておくけど、
   ある人は、なぜバカなのかってこと。
 B:「自分がバカであることを知らないから。」
 A:「リコウ者は、自分がリコウだと思っているが故にバカなんだ。」


2017年03月31日(Fri)▲ページの先頭へ
<笑顔と泣き顔>
・よろこびは貴方に笑顔か泣き顔以上のものを与えてはくれない。
 生きる希望を貴方に与えるのは、絶望の淵に居るかなしみのみ。


2017年03月30日(Thu)▲ページの先頭へ
<追求>
・どう追求するかが、あなたの大きな使命となる。
・幸福への反逆とは、あなたの無駄な追求である。
・貴方も結局、ジブンを追求して生きているに過ぎない。
・追求し過ぎると、あなたはいきづまる。
 そのときは、何もかも受け入れることです。


2017年03月29日(Wed)▲ページの先頭へ
<光>
・その○しみは、貴方の愛したヒトの残した光の跡である。
・光った直後、急に闇が訪れて貴方は熱風の只中に残される。
・夏の光だけが貴方の証人となる。
・あの太陽は雲の上からでさえ、その光をあなたに降り注ぐ。
・あなたもまた希望の光を受ける人だ。
・闇の中で一人で闘って、光だけを追いかけていく貴方。
・コトダマの力をもつ○○○だけが、あなたのココロの闇の中で怪しく光る。


<グスコーブドリの伝記>
・A:「イーハトーヴの大きな森の名高い木こり、グスコーナドリの息子がグスコーブドリで、宮沢賢治のアバターなんだ。その妹ネリは、賢治の妹トシのアバターだよ。」
 B:「どうして分かるの?」
 A:「ふたりが仲良しだった様子が描かれているから。」
B:「でも、ネリは人攫いに連れて行かれる。」
 A:「そう.。ブドリは追いかけたんだけど、男は森の横を通ってずうっと向こうの草原を走っていってしまった。」
 B:「どうしてブドリは連れていかれなかったの?」
 A:「それは妹トシの方が、先に別の世界に往ってしまったから。」
 B:「・・・」
 A:「ネリはブドリを探しにイーハトーブの森へいって、いつもがっかりして帰ってきたんだが、その後、ブドリはネリと偶然に再会する。」
 B:「ネリの主人が新聞でブドリのケガしたことを知ったんだ。」
 : ・・(途中省略)・・
 A:「カルボナード火山が爆発して、気候はぐんぐん暖かくなった。ブドリは自分と同じ境遇となる者が出ないように最善を尽くしたんだ。」
 B:「悲しいハッピーエンドだね。」
 A:「賢治が奮闘した時代、彼は詩人でもなんでもなく、
 まさに宮沢賢治そのヒトであったことに、君も気付くときが来るに違いない。」


2017年03月27日(Mon)▲ページの先頭へ
<枠>
・貴方が決めた枠と、世間で決められた枠。
・枠から飛び出たとき、あなたにはもう、その枠は見えない。
・あなたは現実の枠の中だけで、果たして生きられるのですか。
・猫のように、ある枠から別の枠に転送される貴方。
・あなたの思いは、コトバの枠を超えた何かである。


2017年03月26日(Sun)▲ページの先頭へ
<Q&A>
・貴方はいつ待っていたの?
 忙しい時でも、待っていてくれた。

・あなたとふたりで歩いた道は?
 アカシヤの道。

・君が幸福を感じられる場所は?
 愛する人がいれば何処でも。

・貴方の胸が熱いのは、心に何が咲いたとき?
 希望という名の花。

・貴方の命は誰のもの?
 貴方を支える全ての魂。

・神様はどこにいらっしゃるのですか?
 あなたが神様のところにいる死者に出会う場所は、そのココロの中にある小部屋です。



2017年03月24日(Fri)▲ページの先頭へ
<目の前>
・神様が目の前におられるのに、
 あなたはどうして見ようとしないのですか。
・平凡とは、あなたの目の前にあって見えないものの1つ。
・あなたの○○はどこかにあるのではなく、目の前にあることに気付く。


2017年03月23日(Thu)▲ページの先頭へ
<倍>
・A:「いいニュースと悪いニュースをもってきたよ。どっちから話そうか?」
 B:「いい方から。」
 A:「君の給料が来月から2倍にアップする。」
 B:「!!  悪い方は?」
 A:「今月末から物価が3倍に上がるんだってさ。」


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


「私から貴方への言葉」をお待ちしております。
なお、メッセージの発信は本ブログへの掲載をもって返信に代えさせて頂きたいと存じます。


新着エントリ

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年4月
           
25 26 27 28 29
30            

アーカイブ
1900年 (1)
8月 (1)
1901年 (1)
1月 (1)
1905年 (1)
3月 (1)
1999年 (1)
12月 (1)
2010年 (175)
3月 (5)
4月 (18)
5月 (13)
6月 (21)
7月 (17)
8月 (18)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (21)
12月 (23)
2011年 (266)
1月 (26)
2月 (15)
3月 (24)
4月 (21)
5月 (23)
6月 (18)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (24)
11月 (23)
12月 (22)
2012年 (274)
1月 (28)
2月 (23)
3月 (20)
4月 (11)
5月 (24)
6月 (21)
7月 (28)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (25)
11月 (23)
12月 (21)
2013年 (294)
1月 (21)
2月 (21)
3月 (21)
4月 (26)
5月 (29)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (19)
9月 (27)
10月 (25)
11月 (28)
12月 (27)
2014年 (294)
1月 (24)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (25)
5月 (23)
6月 (22)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (25)
10月 (27)
11月 (24)
12月 (27)
2015年 (273)
1月 (23)
2月 (22)
3月 (21)
4月 (23)
5月 (25)
6月 (26)
7月 (22)
8月 (21)
9月 (24)
10月 (22)
11月 (23)
12月 (21)
2016年 (310)
1月 (26)
2月 (26)
3月 (30)
4月 (27)
5月 (29)
6月 (27)
7月 (25)
8月 (25)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (22)
12月 (28)
2017年 (103)
1月 (27)
2月 (25)
3月 (29)
4月 (22)

アクセスカウンタ
今日:1,319
昨日:3,403
累計:2,350,118